アユニ・Dさん


ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組 「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」 。2020年5月2日(土)の放送は、BiSHのメンバーであり、ソロバンドプロジェクト・PEDROでは、ベースボーカルを担当しているアユニ・Dさんがリモートで出演。初めて買ったCDや、PEDROの活動についてお伺いしました。

◆初めて買ったCDは日本で一世を風靡したK-POPアイドル!

──アユニ・Dさんが初めて買ったCDはなんですか?

アユニ・D:私が初めて買ったCDは少女時代の「Gee」です。当時、めちゃめちゃK-POPブームがきている真っ最中で、“こんな可愛い人間が世の中にいる”っていうのが衝撃的でした! 見た目で入って音楽を好きになった感じですね。

──少女時代に影響は受けましたか?

アユニ・D:お姉ちゃんと振り付けを覚えて踊っていましたね! 今は踊れないと思いますけど……(笑)。

──そして、アユニ・Dさんのソロバンドプロジェクト・PEDROについて。このプロジェクトはどうやって始まったのですか?

アユニ・D:BiSHの全国ツアーを回っていて、大阪でライブをやったときに珍しく社長が観にきていたんです。そして終演後、社長に呼ばれて“めちゃくちゃ怒られる”と思って、怯えて行ったら「ソロをやらないか?」と言われました。

──ソロをやってみないか、と言われてどう思いましたか?

アユニ・D:めちゃくちゃマイナス思考なので、“私がソロなんて絶対にできるわけない”と思ったんですけど、社長の“やらないか?”は、“やれ”という意味なので、“せっかくのチャンスを逃してはいけない”と思ってやりました。

──ベースはいつからやっているのですか?

アユニ・D:ソロプロジェクトが始まってからです。元々、楽器をまったくやっていない状態から(のスタート)だったので大変でした。ファーストライブまでの期間が、1ヵ月しかなかったので、1日8時間とかスタジオに引きこもって練習していました。今後はギターもやりたいなと思っていて、ギターを買いました!

──現在発売中のEP『衝動人間倶楽部』に収録されている「生活革命」はどんな曲ですか?

アユニ・D:今にも消えてしまいそうなメロディーに、この活動をしていて思ったことを綴った曲です。BiSHになる前の自分は、本当に四角い部屋に閉じこもっていたから、BiSHになっていろんな世界を見ることができたなと思い、書きました。

──最後にBiSHとPEDROの違いはなんですか?

アユニ・D:やっぱり楽器を持つのと持たないことですかね。音も違うんです。あと、BiSHのときは甘えっぱなしなので、フロントマンが自分という責任感と緊張感もありますね。全国ツアーをまわって、すごく気持ちがよくて、そして“壁”もたくさん見つかり、すごく思い出になったので、これからも頑張りたいと思います。

【番組からお知らせ&プレゼント!】
5月9日(土)の「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」は、SPECIAL OTHERSがゲストに登場!

さらに、愛知県の「色鮮やか♪カラートマト『彩玉』」を3名様に。さらに、産地直送サイト「JAタウン」で使える『JAタウンギフトカード(4,500円分)』を1名様にプレゼントします。番組ホームページからご応募下さい!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年5月10日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:JA全農 COUNTDOWN JAPAN
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜13:00〜13:55
パーソナリティ: ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/cdj/