俳優の佐藤二朗がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「いい部屋ネット presents 佐藤二朗のいい部屋ジロー」。佐藤が「いい部屋ジロー」の“大家”、リスナーは“住人”となり、日ごろの悩みや疑問に答えます。6月27日(土)の放送では、大家・佐藤が住人から寄せられたメッセージに答えました。


パーソナリティの佐藤二朗


◆いま“制服デート”をやるとしたら…
<住人からのメッセージ>
「私の悩みというか、ちょっとした後悔は、いわゆる“制服デート”ができなかったことです。二朗さんもできなかったと思いますが、理想の“制服デート”ってありますか?」(38歳 女性)

佐藤は、住人のメッセージにあった「二朗さんも(制服デートを)できなかったと思いますが」との一節に即座に反応。「なんで決めつける!? なんでわたくしが制服デートをできなかった前提なの?」とツッコミを入れつつも、「はっきり言いましょう。制服デートできませんでした(苦笑)! っていうか、高校生のときは、女子と付き合うということができませんでした。なので、制服デート以前の問題です。ですから、あなたの読みは合っています!」と正直に認めます。

そして、自身の主演ドラマ「浦安鉄筋家族」(テレビ東京系)で、岸井ゆきのさん演じる娘・桜の制服デートのシーンに触れたあと、

「街で手をつないで制服デートをしている男女を見かけますとですね、自分が大学を卒業したばかりのころは、“舌打ち連打”の気持ちでしたけど、51歳にもなりますと、微笑ましい!“頑張れよ、いいじゃないか”と。そういう気持ちでいっぱいになりますね〜。ですから、“どんどん(恋愛を)やれ”“手をつなげ”と。手はつなぐもんだ」とエールを送ったかと思いきや、「できれば、うちの妻も、たまには俺と手をつないでほしい、と思ったりするんですけど……」とつい願望が飛び出します。

「理想の制服デートをいまやろうとしたら、妻に客室乗務員の制服をコスプレみたいに着させるくらいしかありませんから」と話している最中、番組スタッフたちが、苦笑いをする姿を目にした佐藤は「スタッフ、苦笑をするな。大の大人がみんな一斉に頭を抱えてしまいましたけど。ハッハッハ!」と笑い飛ばします。

そして最後は、「街行く現役の若い方々の制服デートを見るだけで、おじさんは大満足です」と話していました。

番組では、住人の皆さんからのメッセージを受け付けています。番組Webサイトからどしどしお寄せください。

次回7月4日(土)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年7月5日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:いい部屋ネット presents 佐藤二朗のいい部屋ジロー
放送日時:毎週土曜 11:00〜11:25
パーソナリティ:佐藤二朗
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jiro/