スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、他人への気配りや配慮について悩むからのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。


◆営業職なのに他人への気配りや配慮が足りない自分…
「私は社会人4年目。今の会社も3年目に突入しますが、ある後悔があります。それは“ちゃんと社会常識を学んでこなかったこと”です。学生時代は部活や勉強に励んだこともあり、アルバイトは大学を卒業するまで一切なし。そのせいか“ありがとう”や“すみません”が咄嗟に出てこなかったり、他人に気配りができない人間になってしまいました。他の年下の子達は上手くできているのに……、と情けなくなります。

確かに学生生活は楽しかったのですが、じゃあ今まで私に関わった人には、知らず知らずのうちに迷惑をかけていたのかと思うと、嫌な気分になります。今の仕事は営業。他人に気配りや配慮ができず、知らない間に先輩を通じて私に対する苦情が来たりしています。この後悔と、気配りが出来ないのはどうやったら直りますか?」

◆江原からの“ことば”
「20歳という年齢で、このことに気づけることが素晴らしい、立派だと思います。ただ、気づき方の問題かな。“心がどこまで伴っているか”ということが心配。例えば“知らない間に先輩を通じて私に対する苦情が来たりしています”という、自分自身の評価のために思っているのだったら、ちょっといやらしいかな。そうではなく、人に対して真心を持って……というのであれば、多少無骨でも気持ちが通じることができると思うんです。

立て板に水のようにマナー講師のように話せるのだけれど、慇懃無礼な人もいる。特にそういう接遇の仕事の人に限ってときどきいたりする。ホテルや航空会社などで“慣れているんだろうな。ボタンをパチッと押せば言えるのだろうな”という感じの人。一方、その無骨さがかわいらしいと感じるときもありますからね。だからといって、それでいいというわけでもない。気をつけようという気持ちさえあれば、私はいいのだと思います」

◆江原啓之 今宵の格言
「本当に幸せとは、何も恐れることがないことです」
「つねに人生の目的地を忘れてはいけません」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/