“芸能界最強占い師”といわれ、テレビ・ラジオ・雑誌など、さまざまなメディアで活躍中のゲッターズ飯田が贈る、今週しあわせになる、ちょっといい言葉。


[今週のしあわせ言葉]
コミュケーションが下手なのではなく、「自分の常識だけにとらわれている」と、コミュケーションは上手くならない。

巷では「私はコミュ障だ」なんてことを、よく見聞きします。コミュ障だと言う人の大半は、自分が正しい、(自分の)生き方や経験だけが正しいと思っていて、さらに自分に当てはまらない人や、合わせてくれない人はダメなのだと考えている方がとても多いです。

それはなぜか? 自分の考えを否定されたり、「それは違うよ」と指摘されることへ臆病になっていることが原因で、コミュニケーションが取れないのです。「自分は間違っていたんだ」「他人とはここが違うんだ」「自分はこう思っていたけど、反対もあるんだ」など、他人と考え方をぶつけ合ったり、意見の交換をすることがコミュニケーションの基本。

そういうことが自然にできる方が、コミュニケーションの上手い人。自分は正しいのだと、常識の範疇だけでしか考えないというのは、ある意味想像力不足です。いろんな考え方を受け入れてみる。1から10まで全部受け入れる必要はなく、一旦聞いてみる。違う感性を知ろうとする。自分の常識にとらわれないようになると、コミュニケーションもうまくなります。

いろんな人と話をして、楽しんでみてください。例え否定をされても、自分の意見を伝えたり言い返したりすること、それもコミュニケーションの第一歩です。いろんな人と対話、会話をすることで、コミュニケーション上手になっていきましょう。

◆紹介者のいない人は占わないゲッターズ飯田が直接あなたのお悩みに答える個人鑑定は、公式占いサイト「ゲッターズ飯田流」からご応募ください。

<ゲッターズ飯田 プロフィール>
これまで約6万人を超える人を無償で占い続け、「人の紹介がないと占わない」というスタンスが業界で話題に。22年間占ってきた実績をもとに「五星三心占い」を編み出し、芸能界最強の占い師としてテレビ、ラジオに出演するほか、雑誌やWebなどにも数多く登場する。メディアに出演するときは、自分の占いで「顔は出さないほうがいい」から赤いマスクを着けている。LINE公式アカウントの登録者数は130万人を超え、著書の累計発行部数も450万部を超えている。(2019年9月現在)。『ゲッターズ飯田の金持ち風水』、『ゲッターズ飯田の裏運気の超え方」、『ゲッターズ飯田の「五星三心占い」決定版』(すべて朝日新聞出版)、『ゲッターズ飯田の運命の変え方』(ポプラ社)、『開運レッスン』(セブン&アイ出版)はいずれも10万部以上、本書の前年版にあたる『ゲッターズ飯田の五星三心占い 2019年版』(セブン&アイ出版)は100万部以上を発行している