本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。3月17日(火)は、お休みのやしろ本部長に代わり、本部長代理にお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史さんをお迎えし、この日の会議テーマ「私にとってのスター! 案件〜この人、超リスペクト!〜」に寄せられたメッセージを紹介しました。


(左から)FUJIWARA・藤本敏史、浜崎美保


<リスナーからのメール>
私にとってのスターは、学生の頃に追っかけていた“吉本印天然素材”です。水道橋の後楽園ホールまで収録を観に行っていました。本日は藤本さんが本部長代理、楽しみにしています!(ラジオネーム:ベーコンエピ 46歳 女性)

藤本:うわ! めちゃくちゃ嬉しいなー。そうなんですよ。もう若い子は知らんやろうね。(メンバーが)雨上がり決死隊……言うても大丈夫? 雨上がり決死隊。

浜崎:大丈夫です(笑)。

藤本:おかっぱとあのジャケット袖まくりさんとのね。

浜崎:オブラートに包んでいるのかいないのか(笑)。

藤本:あと、ナインティナイン、FUJIWARA、チュパチャップス、バッファロー吾郎でユニットを組んでやっていたんですよ。それで、後楽園ホールで収録があるんですけど、当時、お金がなくて。みんな大阪に住んでいましたから、行きは新幹線で、帰りはみんなで夜行バスに乗って帰るんですよ。

浜崎:えー! そんな時代が。

藤本:収録終わった後ですよ!? みんなで、夜10時くらいに乗って、翌朝6時くらいに大阪着いて、それぞれの家に帰るっていう。大変やったけど、楽しかったなぁ。

浜崎:大変! やっぱりスターですよ。

藤本:いや、スターではないです。でもこの頃ね、ダンスもやっていましたから、やっぱり周りの芸人から「お笑いのくせに何踊っとんねん」とか、すっごい批判も浴びたんですよ。

浜崎:当時。

藤本:ええ。でも、その……まぁ、正直人気があったのは、ナインティナイン、雨上がり決死隊、あとチュパチャップスでしたけれどもね……。

浜崎:何ですごい寂しそうに言うんですか?

藤本:そら寂しそうになりますよ、だって人気なかったんですもん。

浜崎:そんなことないですよ! 何で悲しい終わり方しないといけないんですか?

藤本:いや、そうなんですよ。

浜崎:だって、ベーコンエピさんにとっては、「今日は藤本さんがスターですから、楽しみにしています」っていうメッセージなんで。

藤本:じゃあ、ベーコンエピさんは、“正直、誰のファンやったんか?”って話ですよ。

浜崎:いやいや、何で詰めるんですか?

藤本:絶対FUJIWARAではない!

浜崎:何でリスナーさんを詰めるんですか!? せっかく聞いてくださっているのに。

藤本:ちゃうちゃう、現実的にそうだったんですもん。絶対、俺らのファンではない。ましてや、バッファロー吾郎のファンでもないし。

浜崎:そんなに卑下しないでください! バッファロー吾郎さんのことまで巻き込んで(笑)。

藤本:だって俺が、その身をもって感じていたんですもん。

浜崎:肌感で?

藤本:そう。東京駅に着いて、後楽園ホールがある水道橋まで、みんなで電車で行くんですよね。そこから駅を降りて、後楽園ホールまで歩いていくので、そこにファンが“花道”みたいに待っているんですよ。

浜崎:入り待ち的な。

藤本:そうなんですよ。それで、ナインティナインとかは、そこでワーキャー言われて、プレゼントとかをもらうんですよね。(僕らは、)ないとは言いませんでしたけれども、やっぱり少ないんですよね……。

浜崎:切ない話ばっかりしないでくださいよ。何で悲しくなるんですか。

藤本:やっぱり悔しいんですよ。だから、ファンを獲得したいがために、あの……当時、天然素材でロケとかやっていたんですけど、僕のファンになって欲しいから……(天然素材の)ファンの子に、ロケの日時と場所を教えていましたね。

浜崎:先に!?

藤本:先に。それでもファンになってくれた人はいなかったですけれどもね、えぇ。

――それからしばらくして、またベーコンエピさんからメッセージが! 代読で浜崎がメッセージを読み上げて、藤本さんがツッコミを入れる一幕も

浜崎(以下、リスナーメッセージを代読):読んでいただきありがとうございました。藤本さん、天然素材のお話をたくさんしていただきありがとうございます!

藤本:いえいえ。

浜崎:懐かしすぎて泣きそうです。当時から藤本さんは、とっても優しかった印象です。今でもあの頃の写真やサインを大切にしています。

藤本:え、まじで!? うわ、見たいなー。

浜崎:ちなみに私は……矢部さん推しでした。

藤本:やっぱりかい!! まぁ、別に想定していたから傷つきもせえへんけどね。

浜崎:でも12人みんな大好きでしたよ。

藤本:いや、もう遅い、遅いよもう……。

* * * * *

藤本:大体そうなんですよ。矢部は、当時ほんまに男前やったんですよ。今も男前ですけどね、すごい人気あったんですよ。それで、(メッセージにあった)“俺の優しさ”っていうのはね、本当にちょっとあの……(笑)。

浜崎:どうしたんですか?

藤本:俺、本当にファンがいてなかったから。あとで、他の天然素材の芸人に怒られたんですよ。ロケに行ったらファンがいつも何人かいてると。誰か教えているやつがいると。それが俺やと発覚して。

浜崎:バレたんですね。

藤本:ええ、めっちゃ怒られたんですよ。

浜崎:問題になってるじゃないですか(笑)!

藤本:だって、ファンが欲しかったんだもの!

浜崎:必死だったんですね。

藤本:姑息な手段を使ってでもね、ファンを獲得したいっていうのがあったんですよ。ごめんなさい! 本当に。それがでも“優しさ”って受け取ってくれたんやろうね。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年3月25日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月〜木曜17:00〜19:52
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co