木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。5月10日(日)の放送も、木村の自宅からリモート収録でお届け。リスナーから寄せられたメッセージに答えました。


◆プレゼントをするときに気をつけていること
<リスナーからのメッセージ>
「私は、友達にプレゼントをあげるときに、いつも悩むことがあります。それは、自分があげたいと思うものが、食べものや消耗品ではなく、一生残りそうなもののときです。“趣味が合わなかったら”“置く場所に困ったら”など、いろいろと考えてしまいます。人にプレゼントをあげるとき、どういうことに気をつけていますか?」(36歳 女性)

このメッセージに木村は、「ストライクゾーンのギリギリを狙うと、“これ、気に入ってくれるかな?”って逆に不安になるよね」と共感しつつ、「確信が持てないとやっぱりね。僕もプレゼントをするときには、そこをすごく意識するかな」と話します。

木村の場合、男性にはどんな洋服にも相性のよさそうなベルトなどを贈り、女性には、着回しのできる洋服をプレゼントすることが多いそう。

◆「人付き合いが苦手……」
<リスナーからのメッセージ>
「私は、春が苦手です。その理由は、新しい人との出会いがあるからです。人付き合いが苦手な私にとっては、“魔の季節”と言っても過言ではありません。どうすれば、初めて出会う人との関係を上手くつくることができますか?」(16歳 女性)

木村は、「無理する必要はないと思う」としながらも、この女性が“どうすれば、初めて出会う人との関係を上手くつくることができますか?”という気持ちを抱いているだけに、「僕が心がけているのは、あいさつ。あいさつは、とても重要です。『おはよう』だったり、『ありがとう』だったり、そういうのってすごく大事だと思います。そして、そのときにしっかりと相手の目を見る。あと、相手には必ず名前があるので、名前で呼ぶことが非常に大きな要素になってくると思う。それを自身のなかにしっかりと存在させて、『おはよう』だったり、『ありがとう』だったり、徐々に増やしていくのが一番じゃないかな」と答えます。

さらに、もう1つ大切なこととして木村が挙げたのは「相手のことを感じること」。そうすることで、「相手が今、話しかけてほしくないとか、この話題で盛り上がれそうとか……その人のことを感じていると、自然と“話題”というものが生まれてくると思う」とも。

加えて、必要以上に自分のことを「“人付き合いが苦手”と思い続けていると、自分の外見に多少なりとも影響を及ぼすと思うので、“この人だったら大丈夫そうかな?”っていう人がいたら、なるべく向き合ってみる。苦手意識が壁になっていくと、どんどん自分の居場所を狭くしていってしまうので、取っ払っちゃったほうがいいんじゃないかな。グッと押せば簡単に開く壁だと思うので、自分が無理せず開けられるタイミングがあったら、その壁を開けて、相手の目を見て、相手の名前を自分のなかに存在させて、話をしてみる。相手を感じてね」とアドバイスを贈りました。

次回5月17日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年5月18日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/