TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。12月10日(木)のお客様は、チュートリアルの徳井義実さん、福田充徳さんと相席スタートの山﨑ケイさん、山添寛さん。この日は、1時間“ラブホテル”の話で大盛りあがり! そのなかから一部抜粋してご紹介します。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)山添寛さん、福田充徳さん、徳井義実さん、(リモート画面)山﨑ケイさん


◆安い部屋をカッコよく押すには?
徳井:ラブホテルに入るとき、たまにパネルで選ぶやつでさ、部屋がバーっとあって、そのホテルのなかでなんとなく金額で3ランクぐらい部屋が分かれてない? そうなると、やっぱり安いのは選びにくいよね。

福田:女性の前で1番安いのを選ぶのはちょっとな。

山添:だから、僕はいつも入るときに“1番高いランクのところは全部埋まってててくれ!”って思いながら入ります。

徳井:せやな(笑)。

山添:「あ、(入りたかったのに)埋まってるわ」みたいなことが言えるんで。

福田:せやな。強制的に1番安い部屋を選ばされる方向にして欲しいもんな。

山添:それがいいですね。

福田:正直、部屋って別にどうでも良くない?

徳井:こっちはね。でも、やっぱり女の子はパネルをガン見してるから……。ホンマに“お金が足りひん!”ってなったら、「部屋はもうどこでもええよな」みたいな“部屋にこだわらへん男”というスタンスをしっかり見せつけて、安めの部屋のスイッチを押すことはあったけど。

全員:(笑)。

福田:でもさ、ラブホテルって1人暮らしをしていないときは使ったけど、1人暮らしを初めてからもみんな使うもんなん?

山添:それはもちろん使いますよ! ムードがガラッと変わりますから。

福田:あっ、そうなんや。

山添:ただ、全部のランクの部屋が空いているときに、真ん中や安い部屋を押す前の(皆さんの)ひと言は全部ダサいですね。徳井さんの「部屋はもうどこでもええな」も、だいぶダサいじゃないですか。

徳井:(笑)。だいぶダサいよ。

福田:それやったらいっそ、「値段とかは気にしてへんけど、この部屋ええやん!」って、ホンマは安いからやけど、思い切りまっすぐさ。

徳井:「和風が好きやねん!」とか?

福田:そうそう(笑)。「安くておいしいからサイゼリヤ“で”ええか」じゃなくて、「サイゼリヤ“が”ええねん」っていうことや。

山添:“あえて”みたいなことですか?

福田:そう。「俺はこれが好き」っていうふうに主張したら、一本筋が通った人っていう感じになるやろ?

徳井:ケイちゃん、女の子はやっぱり見てんの?

山﨑:絶対見てますね(笑)。

山添:やっぱそうなんですか。高くない部屋って、どういうふうにボタンを押すのが1番いいですか?

山﨑:うーん。でも逆に高い部屋を選ばれても……まぁだいたいの経済力ってわかるじゃないですか? だから、逆に高い部屋を選ばれても“なんか、カッコつけてるな”とか思いますので、やっぱり、日本人特有の真ん中ぐらいを選ぶのが1番いいんじゃないんですかね。上から2番目とか。

山添:もちろん安い部屋は……?

山﨑:うわぁ……それは1番イヤかな。

◆「彼女を置き去りにして…」(徳井)
徳井:ちょっと荒技があんねんけど。1回ホンマにお金がないときに、入口に入るやん。自動ドアが開いて、だいたいちょっと歩いていったところにパネルがあるから、ドアが開いた瞬間にスタスタスタって、パネルまで一目散に彼女を置き去りにして行って、すぐに1番安いところを押す、選択肢を見せへんっていう。

福田:それは、どう?

山﨑:でも、ラブホテルに入った瞬間に急な早歩きは怖いですよ。“なになに!?”ってなりますよ。

徳井:確かにそうやな(苦笑)。“こいつ、どれだけ焦ってんねん”みたいな。

山﨑:あと、しかもホテルに入るときって、ちょっとだけ恥ずかしくないですか?

福田:まぁそうね。“見られていたら嫌やな”はあるから。

山﨑:だから、(ホテルに入った瞬間に)パッと距離を離されたら“えっ、なんなんだろう?”っていう気持ちになります。

山添:僕はそこを巧に利用して言ったことがありますわ。

福田:どういうこと?

山添:カギをもらうところとパネルが近くにあって、そのカギをもらうところの対面に、1個ちっちゃいテーブルと椅子があって、待機できる場所があったんですよ。そこに「ここ座っとき」って女の子に言うて、そのあいだに(パネルを)押して、カギもらって「じゃあエレベーター乗ろか」って言ったことはあります。

徳井:それはいい。

福田:スマートやなそれ。

山添:これはアリでしょ? 最安値を“ポチッ”と押してやりましたよ。

◆「ドアが閉まった瞬間スイッチを入れる」(徳井)
でもラブホテルはね、エレベーターから営みが始まっていると思うのよね。だから、“エレベーターの過ごし方”で男の度量が見えるというか。

福田:と言いますと?

徳井:普通のマンションのエレベーターでもなければ、商業ビルのエレベーターでもないわけやんか。これから“(セックスを)いたす”っていうところで。やっぱりあそこでベラベラしゃべるのではなく、あのエレベーターのドアが閉まった瞬間からスイッチを入れる、っていうのがいいんじゃないかと思うんですよね。

山添:それをできるのは本当にカッコいいと思います。僕は、まだちょっと照れがあって、でもあそこで、女性からするとムード作ってくれたほうがいいんじゃないか、とは常々思ってるんですけど。ケイさんそうですよね?

山﨑:私は、みなさまみたいにワンナイト的なことで利用したことはないので。

山添:ちょっと! それは勘違いが過ぎますよ。

山﨑:私は、当時の彼氏と横浜に行ったときに“どうする?”みたいな。

山添:同じ! みんなケイさんと同じですよ。

山﨑:そういうなんか、ハッピーで爽やかな利用の仕方しかしたことがないので。

山添:みんなずっとそういう話をしていますよ。

徳井:僕たちもそうですよ。

山﨑:逆にエレベーターのなかは、ちょっと「久しぶりにラブホテルきちゃったねー」みたいな(笑)。わかりやすく「ちょっと気まずいねー(笑)」みたいな感じのほうが、逆にリラックスできるというか。

福田:ケイちゃんは、そういう照れくさいのを全面的に出しちゃうタイプなん?

山﨑:私は完全にそうです。“なんか恥ずかしい”とか言っちゃいます(笑)。

山添:じゃあ男側も全然そのまま「恥ずかしいな」って言っていていいんですね?

山﨑:そうですね。向こうが「別に恥ずかしくないけどな」って言ったら言ったで「いや、恥ずかしいくせに〜」って、どっちにも対応できるように。

全員:ハハハ(笑)。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

12月28日(月)武井壮さん×城田優さん
12月29日(火)蔦谷好位置さん×ニューヨーク(嶋佐和也さん、屋敷裕政さん)
12月30日(水)岡崎体育さん×野村陽一郎さん(音楽プロデューサー)
12月31日(木)塩沼亮潤さん(福聚山 慈眼寺 住職/大阿闍梨)×久保田利伸さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この後も“ラブホテル”談義で大盛りあがり! 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/audee/
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/