スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、「友達との別れ」に関するリスナーからのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。


◆友達の進む道も応援したいけど、まだ一緒にいたい…
「突然ですが“別れ”の乗り越え方について伺いたいです。最近、同じ学科の仲が良かった人が、違う学科に転科してしまうことを知りました。その人の進む学科は私たちの学科とは関わりもなく、会うことは少なくなります。毎日笑って、ときには一生懸命課題をやったり、相談に乗ったり乗られたり。すごく楽しかったので、転科をすると聞いて驚いたし、寂しい気持ちがいっぱいです。思い出すと涙が止まりません。ほんとにほんとに楽しい時間をありがとうという気持ちと、まだ一緒にいたい気持ちが混在しています。もちろん友達の進む道も応援しています! でもすごく寂しいです。江原さんもこんな経験ありますか? この寂しさの乗り越え方を教えてほしいです」

◆江原からの“ことば”
「年と共になくなりますね…(笑)。若いときはこういうこともある。あなただってその友達のことで悲しいかもしれないけど、幼稚園のときの子や小学生のときの子、みんなに対して今でも想っていますか? そういうものなのです。だから“みんな元気でやってね!”という思いで良いと思う。人はみんな孤高な旅人。必然があればまた会えたりしますよ。そのときに恥ずかしくない自分でいることが大切です」

◆江原啓之 今宵の格言
「本当に幸せとは、何も恐れることがないことです」
「つねに人生の目的地を忘れてはいけません」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/