ニガミ17才の岩下優介さん(Vo)、平沢あくびさん(Syn)が、6月30日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。親交のあるパーソナリティのさかた校長と出会ったきっかけや、バンド名の由来について質問に答えました。



ニガミ17才は、おしゃれ、かつ変態な楽曲の表現、というテーマのもと2016年結成された4ピースバンドです。2017年にファーストミニアルバム『ニガミ17才a』、2018年にセカンドミニアルバム『ニガミ17才b』を発売。2020年2月には『幽霊であるし』を配信リリースしました。さらに、6月28日に行われた生配信番組「ニガミ17じかん」内で、11月17日のCDリリースが発表されました。



さかた校長:本日の生放送教室には、ニガミ17才先生!

ニガミ17才:よろしくお願いします!

こもり教頭:ニガミ17才先生は、さかた校長のお友達なんですよね?

さかた校長:はいはい!

ニガミ17才:友達……?(笑)。

さかた校長:あんなに飲んだら友達じゃないですか!

岩下:でも友達なら、会ったときに「お疲れ様です」って言わないですよね?! 「お疲れっ!」とか言わないですか?

さかた校長:いや、さすがに「お疲れ!」とは言えないですよ。大人なので……。

全員:(笑)。

こもり教頭:出会いは何なんですか?

さかた校長:これは、シェアハウスで僕と一緒に住んでいる(お笑い芸人の)ZAZYと男性ブランコの平井が、もともとお知り合いだったんですよね?

平沢:そうですね。

さかた校長:僕はもともと好きで聴いていたんですけど、去年の(恵比寿)LIQUIDROOMのライブを一緒に観に行って……それが最初だと思うんですけど。その日の打ち上げで、ちょっと仲良くなりました。

こもり教頭:めちゃめちゃ嬉しい出会いですね。

平沢:でも坂田さんが、SCHOOL OF LOCK! の校長になったと聞いてびっくりしました。

岩下:さっき“友達”って言いましたけど、友達ならそういうこと教えるよね?!

さかた校長:いやいやいや……。

岩下:ラジオから知ったし……。

さかた校長:秘密だったんですよ!

平沢:いやぁ、びっくりしました。



こもり教頭:素朴な疑問なんですけど、『ニガミ』って何なんですか?

岩下:“ニガミちゃん”という17才の1年間を、一生かけて4人で表現するというコンセプトなんです。

平沢:そうなんです!

岩下:なので『ニガミ』は名前ですね。

平沢:セーラー服を着た17才の女子高生なんです。

さかた校長:このSCHOOL OF LOCK! は、17才もめちゃくちゃ聴いてくれていますからね。ニガミちゃんも聴いてくれているかも!

平沢:そうですね(笑)。17才のころの甘い思い出、苦い思い出ってあると思いますけど、“甘み”のほうではなくて、あえて“苦み”をピックアップしようということでニガミちゃんにしました。

岩下:苦い経験って“毒”ではないじゃないですか、味だから。

こもり教頭:お〜、たしかにそうですね。

さかた校長:味だから人生の一部にしていい、ということですね。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年7月8日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/