サイダーガールが、1月15日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。この日リリースのニューアルバム『SODA POP FANCLUB 3』について、パーソナリティ・とーやま校長の質問に答えました。



とーやま校長:サードフルアルバム『SODA POP FANCLUB 3』のリリース、おめでとうございます! SCHOOL OF LOCK! は10代に向けてやっているんですけど、10代のみんなに聴いてもらいたいアルバムじゃないですか?

Yurin(Vo/Gt.):そうですね。青春時代だったりとか若さゆえの悩みだったりとかって、大人になってもあることなので、そこでリンクして応援できればな……みたいなことは思っていますね。

とーやま校長:アルバムには10曲入っていて、3人それぞれが作詞作曲をされているんですけど、人を愛する歌だったり自分の生き方を歌った歌もいっぱいあるじゃないですか。でもどれも、とんとん拍子にはうまくいってなくて。「あ〜……なんで、こんなことになっているんだろうなぁ……」からの歌たちだな、って思いました。

Yurin:そうですね。

とーやま校長:その先に行かないといけないけど、どうしたらいいかわからない。そんな思いの中、このサイダーガール先生の新しいアルバムを聴いたら、助けられる10代もたくさんいるだろうし。

Yurin:そうだといいですね。

とーやま校長:と、思いながら聴かせてもらいました。

知(Gt.):ありがとうございます。「全部言ってくれたな」ってくらいなんですけど、本当にそういう気持ちを込めて作りました。今回は本当に、“自分たちって、どういうものなのだろう?”と原点回帰して作ったアルバムなんです。なので、自分を振り返る、見つめ直すということを今の10代もやってみたら、もしかしたらまた改めて前を向けるかもしれないな、とは思います。

とーやま校長:うん。聴きたい曲もいっぱいあるんですけど……僕と知先生が去年の夏に1回飲みに行って、帰ったあとに「1曲できました」ってLINEをくださったんですけど、さっきオンエアに乗っていないところで「この曲じゃないですか?」って聞いたら正解だったんです。

知:一発で正解でしたね。

Yurin:すごい!

フジムラ(Ba.):どの曲だ?!(笑)。

知:2人は知らないです(笑)。

とーやま校長:そうなんだ! でもあの席では、僕がインタビューみたいな感じで聞いていたと思うんです。

知:そうですね。そういうのもあって、“自分ってどういう人間なんだろう?”って考え直せたのかな、って思いましたね。

とーやま校長:その曲、いっていいですか?……2曲目のやつ!

知:ぜひ!

フジムラ:そうなんだ! なるほど。

知:わかってもらえて嬉しかったです。

――ここで、『ばかやろう』をオンエア

とーやま校長:改めて聴くと気持ちいいですね。突き抜けているし、迷いがないし。

知:そうですね。僕も迷っていない歌詞が書けたな、って思います。

とーやま校長:うん! 他にも聴きたい曲がいっぱいあって、Yurin先生が作った4曲目の『週刊少年ゾンビ』も、突然……あれは2番っていう言い方でいいんですか?

Yurin:そうですね。2コーラス目に……。

とーやま校長:突然、“ガラっ”っと……! あれは、なんであんな面白いことになってるんだろうなって。

Yurin:あれは、アルバムの最後のほうにできた曲なんですけど、アルバムの曲であんまり遊べてなかったな、って思って。なので、いろんなことを詰め込もうと思って、歌詞もそうなんですけど、展開もジェットコースターみたいな感じというか。

とーやま校長:ねー!

Yurin:1番と2番で全然違う! みたいなものにしたくて。ラップもやってみたかったので、ヒップホップの感じも入れて、当時やりたかったことを全部詰めた曲ですね。

――ここで、『週刊少年ゾンビ』をオンエア

とーやま校長:この曲も、気持ちいいよね。そして、フジムラ先生が作った8曲目の『帰っておいでよ』がここに入っていることで、さらにアルバムの良さを際立たせているな、って……思いますよね?

Yurin:うん。尺的には短い曲なんですけど……。

とーやま校長:2分台ですよね?

Yurin:そうですね。ワンコーラスくらいのイメージなんですけど、それがすごい良くて。潔さと温かさみたいなものが、アルバム全体のキーにもなっているというか。

フジムラ:本当はもっと長かったんです。2番もあって4分近くあったんですけど。僕としては「サビだけを聴かせたい!」、「サビさえ聴かせられれば何でもいい!」という状態だったんです。だったら、スパっと1番で終わってもいいんじゃない? という意見をもらって。

Yurin:すごいスッキリしたよね。

フジムラ:そうだね。

――ここで、『帰っておいでよ』をオンエア

とーやま校長:この曲……ライブのオーラスとかでやられたら、みんな涙が止まらないんじゃないですか。

フジムラ:そうだといいな、と思いながら作りました。

とーやま校長:「またライブをしに来るから、帰っておいでよ」って言われたらさ……。

フジムラ:そうですね。

とーやま校長:(ライブの最後に)ずっと歌い続けてもらって、客出しの間も……(笑)。

全員:(笑)。

とーやま校長:みんなが振り返りながら……(笑)。

知:『帰っておいでよ』なのに、帰らせるって(笑)。

Yurin:「今のうちに帰って!」って(笑)。

とーやま校長:みんなも、ライブハウスから全然出ないと思うけど(笑)。……素敵だな。3曲も聴けてすごく嬉しいです。

サイダーガール:ありがとうございます!


【サイダーガール 3rd Full Album『SODA POP FANCLUB 3』ティザー】

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年1月23日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
▶▶80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから◀◀
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/