木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。6月21日(日)の放送も、木村の自宅からリモート収録でお届け。リスナーから寄せられたメッセージに答えました。



◆新社会人の息子を案じる母に……
<リスナーからのメッセージ>
「4月から社会人となった息子は、自宅研修中です。毎日まったりと過ごし、まだ学生気分が抜けない感じ。いざ、みんなとの研修が始まったらちゃんとやっていけるのか心配です。“もう社会人だから”と思っていても、親はいつまでも心配してしまうものなんですね。キャプテン(※本番組での木村の呼称)は、しっかり仕事をしていると認めてもらったのは、どのくらい経ってからですか?」(50歳 女性)

人から“仕事をしていると認められた”と木村が実感したのは、17歳のときに初舞台を踏んだ、蜷川幸雄さんの舞台「盲導犬」。「認められたのかどうかはわからないですけど、蜷川さんの舞台を経験してお客さんから拍手をいただけたこと」と振り返ります。

初めて観客から拍手喝采を浴びたとき、「舞台に上がる人たちって、“すごいんだな”って。それは自分がすごいということではなくて、“芸能界の人たちってスゲェ〜んだな”って、あのとき思ったかな」と木村。と同時に、親からも「(芸能界で)やるんだったら、人に迷惑がかからないようにやりなさい」と言葉をかけられたと言います。

この女性リスナーの息子さんは、本来であれば、新社会人として4月から晴れ晴れしいスタートを切るはずだっただけに、「親だから心配なのは当然だと思う。
息子さんは、いま(外で仕事を)やりたくてもできない状況が続いているわけですから、そこは(親として)ただ心配するだけじゃなくて、この状況をいかにみんなで過ごしていくか、どう前に進んでいくかというのを考えていただけたらと思います」と励ましの言葉を贈っていました。

次回6月28日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年6月29日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/