声優としても活躍中の鈴村健一(月〜木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、6月22日(月)〜6月26日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


鈴村健一、ハードキャッスル エリザベス



◆110日ぶり
新型コロナウイルスの影響で公演を取りやめていた吉本興業の劇場が、6月19日(金)から110日ぶりに観客を入れて復活しました。「なんばグランド花月」の舞台では、1組ごとにマイクとアクリル板を交換するほか、観客同士の距離を確保するため858席から112席に間引いて集客するなど、感染対策を施しての再開となったようです。

漫才でのマイクはセンターに1本が通常ですが、芸人たちの距離も1.8mの間隔を確保しているため、それぞれにマイクが立てられているそう。鈴村は「アクリル板に(反射して)自分の顔が映っちゃって、恥ずかしくなってテンポが狂っちゃうという芸人さんの声もあったそうですよ。自分の顔を見て、スッと冷静になっちゃうんだろうね(苦笑)」と話します。

このスタジオにもアクリル板を設置していることもあり、「その話、聞かなきゃよかったと思って……」と鈴村。「いま(アクリル板を)見たら、自分が映っていて“イヤだ”と思っちゃった」と苦笑いを浮かべていました。

◆2,000万円
ゲームメーカーのカプコンは、人気の格闘ゲーム「ストリートファイター」を使ったeスポーツ世界大会を、初めてオンライン上で開催することを発表しました。決勝大会の賞金総額は、円換算で2,000万円以上を予定しているそうです。

さまざまなゲームジャンルがあるなか、格闘ゲームはオンラインとの相性が悪いとの声があるようで、鈴村は「それは通信速度にタイムラグがあるから。そのタイムラグも計算して戦っているというすごい人もいるらしい。eスポーツの試合を、動画で観ることがあるけど、すごいんですよ! (eスポーツは)スポーツじゃないという論争があるけど、ちょっとでいいからゲームをやってみてって思う。人間技じゃないようなこともやっているから、みんな観て!」と熱く語っていました。

◆100人以上
100人以上の漫画家が、コロナ禍の日常を舞台とした短編漫画をリレー連載するプロジェクト「MANGA Day to Day」が、6月15日(月)にスタートしました。2020年4月1日(水)以降の日々を1日ずつ書き下ろしていく形式で、1日1話ずつ特設Twitterのアカウントで発表されています。

トップバッターをつとめたのは、「あしたのジョー」などで知られる、ちばてつやさん。2020年4月1日(水)を舞台とした短編「悪魂(あくだま)」では、新型コロナウイルスを漫画のキャラクターにしようと考えたちばさんが、どんな顔にするか試行錯誤する様子が描かれているとか。

鈴村は、「すごいトップバッターだな〜。ちばさんのドキュメント漫画みたいなものだね、面白い。ちばさんって81歳ですよ。なのに、バリバリの現役感! オールカラーで描いていらっしゃって、本当に素晴らしい作品」と舌を巻いていました。

◆5対5
株式会社ポケモンは、中国のIT企業テンセントとの共同でポケモンの新作ゲーム「Pokémon UNITE(ポケモンユナイト)」を開発することを発表。本作は、ポケモン史上初となる「5対5」のチーム戦略バトルだそうです。なお、配信開始時期については、まだ発表されていません。

大の“ゲーム好き”として知られる鈴村は、「面白そう! 『Nintendo Switch』とスマートフォン、プラットフォームをまたぐ展開予定だから、一緒にできるみたい。これはすごい、マルチプラットフォーム最高! これはやりたいね」と配信開始を心待ちにしていました。

◆1億円
新型コロナウイルスの影響で、2月末から公演活動を中止している「劇団四季」がクラウドファンディングを立ち上げました。1,000円〜10万円の15コースを設定し、目標金額は1億円となっています。
山崎は、「PerfumeさんやEXILEさんなどの公演も中止になりましたし、音楽も含め、エンタメ業界は一番早く自粛を始めたんじゃないでしょうか。人が集まる場所はなかなか再開しづらいなかで、少しずつ状況が許されて劇場がオープンするなどして、あらためて歩みだそうとしております」と話します。

自身が所属する劇団も7月に舞台を控えているそうで、「客席もかなり制限されますし、状況的にはかなり厳しいですけど、僕たちは“やらなきゃいけない”という気持ちでおります。決して自己実現のためだけでなく、“演劇とはなんなのか”“人前で表現すること”と真摯に向き合って稽古に励んでいます。僕たちだけでなく、いま稽古に励んでいる劇団やエンタメ業界は、同じ気持ちだと思います。もちろん、いろいろなお声や考え方があるのはわかっていますけど、僕たちは演劇とはなんなのかを真摯に受け止めながら、最高のエンターテインメントをお届けしたいという気持ちがあることをわかっていただきたい」と思いを語っていました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月〜木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/