世界最大のプロレス団体WWEは、日本時間6月26日、アメリカ・フロリダ州ウインターパーク・フルセイル大学で開催したファームブランドNXTを世界配信した。

 新日本プロレスのジュニアヘビー級戦線で活躍し、バレットクラブを創設したことで知られるプリンス・デヴィットことフィン・ベイラーが、NXT北米王者キース・リーを相手に、ジョニー・ガルガノとともにトリプルスレットマッチで同タイトルマッチに挑んだ。

 このタイトルマッチの勝者はNXT王者アダム・コールとダブルタイトルマッチで激突することが決定している中、2冠奪取を狙うリーが序盤からダブルクローズラインを2人に放って持前のパワーを見せつけると、ベイラーとガルガノは共にスリーパー・ホールドでリーに攻め込んだ。

 さらにベイラーがダブルストンプやスリーパーをリーに決めれば、ガルガノもベイラーにスリングショットDDT、続けて2人にトペ・スイシーダを放って反撃したが、これを捕まえたベイラーが必殺の1916を狙うと、巨体のリーが体当たりで2人を吹き飛ばして三者入り乱れた激しい攻防を展開。
  終盤の大技の攻防では、リーがビッグバン・カタストロフィーを決めてガルガノをフォールした隙にベイラーがクー・デ・グラを狙ったが、これを回避したリーが捕まえたベイラーに再びビッグバン・カタストロフィーを叩き込んで万事休す。

 試合後にはNXT北米王座防衛に成功したリーとNXT王者コールが2週間後のダブル王座戦に向けてリングで睨み合って火花を散らした。リー対コールの勝者総取りダブル王座戦が行なわれるNXTは日本時間7月10日に世界配信される。

 古巣であるNXTに乗り込んで来たベイラーの去就も気になるところだ。

◆WWE NXT◆
2020年6月26日配信(日本時間)
アメリカ・フロリダ州ウインターパーク・フルセイル大学
▼NXT北米選手権トリプルスレットマッチ
<王者>○キース・リー(体固め)フィン・ベイラー●<挑戦者>
※ ビッグバン・カタストロフィー
※もう一人の挑戦者はジョニー・ガルガノ
※リーが王座防衛に成功

文●どら増田

【動画】3者入り乱れての攻防はこちらから!
 

In an epic battle between @RealKeithLee, @FinnBalor & @JohnnyGargano...one would advance to the WINNER TAKE ALL MATCH against #NXTChampion @AdamColePro!#WWENXT pic.twitter.com/Se8Yb0A4yT

— WWE NXT (@WWENXT) June 26, 2020