27日のプロ野球の公示が発表され、オリックスは開幕投手の山岡泰輔の出場選手登録を抹消した。

 山岡は26日、ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦に先発登板。ロッテ1番の荻野貴司を中飛に打ち取り、2番角中勝也に2球投じたタイミングで左脇腹に違和感を訴え、緊急降板していた。

 27日午前、山岡は「左内腹斜筋の筋挫傷」との診断を受け、二軍降格が決定した。代わりに今季加入の助っ人右腕、T・ヒギンスが登録された。

 山岡は昨年、チームトップの13勝を挙げ、オリックスのエースへと成長。今年は2年連続の開幕投手を任され、19日の開幕戦では7回1失点の好投を見せていた。それだけに、6年ぶりのAクラス入りを目指すチームにとってあまりにも痛いエースの早期離脱となった。

 一方のセ・リーグでは、中日のリリーフ、又吉克樹が一軍選手登録を抹消され、三ツ間卓也が登録された。

 27日の公示は以下の通り。
 【セ・リーグ】
●出場選手登録
中日
投手 三ツ間卓也

●出場選手登録抹消
中日
投手 又吉克樹

【パ・リーグ】
●出場選手登録
日本ハム
捕手 郡拓也

オリックス
投手 T・ヒギンス

●出場選手登録抹消
日本ハム
外野手 谷口雄也

オリックス
投手 山岡泰輔

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!