5月30日――。

 日本の複数の女子選手たちが、『#あつまれテニスの森』、『#選手がイベントを作れるか大実験』などのハッシュタグをつけたコメントを、一斉にソーシャルメディアにアップした。

「何か面白いことが始まりそう」の言葉と共に、先陣を切って情報を公開したのは、土居美咲。何が起こるのか、どこに行き着くかもまだわからないこのイベントを、発進させた人物だ。

「7月に、選手たちが集まって練習試合や対抗戦をできないかな……?」
 
 そのような思いを彼女が抱くようになったのは、東京でも緊急事態宣言の解除の機運が見えはじめた5月中旬のことだった。

 新型コロナ感染拡大に伴い、世界のテニスは7月いっぱいまでの中断が決まっている。ただ予定通り8月にツアーが再開するなら、その前に、誰もが緊張感を持った中で試合をしてみたいはずだ。

 そのような思いを抱いていた折に、海外や日本国内でも、エキジビションマッチや賞金大会が開かれるとのニュースを耳にする。

「だったら、女子でも何かできないかな? 選手は関東在住者に限定し、8人くらい選手を集めて…」

 この時、彼女の中に具体的なビジョンがあった訳ではない。ただ、何となしに考えを巡らせ選手の顔を次々に思い浮かべると、「十分、できそうじゃない?」と思えてくる。
  ジュニア時代から親交のある井上明里から、「小堀桃子と練習してくれないか」との連絡が入ったのは、その思いつきにおぼろげながら輪郭が描かれ始めたころだった。現在31歳の井上は、現役ながら軸足を徐々に指導者にシフトし、現在は小堀のコーチを努めている。

 その小堀と練習した時に、土居は井上に「関東の選手を集めて、試合やイベントできないかな?」と話してみた。特に誘うという意図はなく、単なる世間話として口にした一言。ところが井上から返ってきたのは、「えっ、おもしろそうじゃない? できるんじゃない、それ!」という、前向きなものだった。

「正直、意外だったんです。明里ちゃん、そういうノリの人ではないと思っていたので」

 土居が抱いた若干の驚きは、そのまま実現へと突き進むブースターとなる。練習が終わった後には2人で、声をかける選手や開催時期などにつき、具体的に話し込んでいた。

 5月末のことである。
  意外…という意味では、話を持ちかけられた井上の方が、土居からの提案に驚きを覚えたかもしれない。

 ジュニア時代に頭角を現し、早くからテニス界で注目された土居だが、周囲が彼女に抱く印象は「寡黙」や「シャイ」だっただろう。井上が土居に対し抱いていたイメージも、そのような一般的見解から大きく外れるものではなかった。

 そんな土居が、自ら選手たちに声をかけ、全くのゼロからイベントを作ろうとしている――。

 そのビジョンを活き活きと、そして実に楽しそうに語る2歳後輩の姿を見た時、井上は土居の放つエネルギーに感化され、いつしか乗り気になっている自分に気づいていた。

 ただそのプランを実現させるには、スピードが必要だとも井上は感じていたという。ツアーが8月に再開するなら、イベントは遅くても7月の2週目にはやりたい。場所の確保や運営費調達の時間を考えれば、今すぐ動かなくては難しい。そうなれば、実働は自分の役目だとも感じていた。
  まずすべきは、選手集め。関東に居ることが絶対条件だが、同時に、単に自分たちが仲が良いというのではなく、年齢やキャラクターも含め幅広い層に声を掛けることを心がけた。

「試合をするだけではなく、ファンの方も巻き込んで双方向性のあるものにしたい。その過程で選手の人間性を広く知ってもらい、個々の選手に固定ファンが付くようなイベントにしたい」

 そのような理念を思い描いた時、イベント設立までのプロセスを、ファンと共有していこうとのアイディアも生まれる。なればどんなイベントにするかのアイディアも、ファンに提案してもらえば良いのではないか…?

 そのような枠組みを2人で共有し、イベント運営経験のある先輩などから助言も得ながら、「オンラインミーティングを通じて、ファンと共に作り上げるイベント」という基本コンセプトが確立する。

 参加8選手が確定し、有志のファンを交えての第1回オンラインミーティングが開催されたのは、それからわずか10日後のことだった。
  2度のファンミーティングを経た、6月中旬。

 イベントの開催日は7月9日(木)に決まり、運営資金を募るクラウンドファンディングもスタートした。ミーティングでは闊達な意見交換がなされ、クラウドファンディングの“リターン”にも、それらファンの声と願いが存分に反映されている。

 さらに3度目のファンミーティングでは、イベントの正式名が『ONE IROS――わんいろ――』に決まったことが発表された。

 この名は選手たちが打ち合わせを重ねる中で、穂積絵莉が提案したものだという。由来は、ギリシャ神話の夢の神である「Oneiros(オネイロス)」。

 それぞれが持つ世界にひとつだけの色を用いて、自分の夢…そして選手やファン、果てはテニス界全体が共有しうる夢を、みんなで描く――そのような願いが、この名には込められている。
  夢を描くために各々が重ねる色彩には、当の本人すら気づかぬトーンもあったという。

 井上はミーティングを重ねる中で、「私、こんなこと考えていたんだ」と自分の想いを知ることが度々あった。同時に、ミーティングの司会進行を務める土居の姿に、「言葉選びも上手だし、大人数をうまく捌いている。こんな才能があるんだ、この子」と改めて驚きもした。井上が感じた、そのような自身や仲間についての発見は、恐らくは今回のイベントに参加する8選手全てが、多かれ少なかれ経験したことでもあるだろう。

 公式ホームページによれば、イベント概要は最終的に、「8人の選手が2チームに分かれ、公式戦さながらの真剣勝負の試合とエンターテイメント要素のあるエキジビションマッチを行なう」という点に着地した。

 イベントのリアルタイム中継はないが、後日オンライン動画で鑑賞可能。その視聴券も、クラウドファンディングのリターンの1つだ。

「何か面白いこと」――そんな漠然とした理念から掲げられた真っ白なキャンパスに、選手とファンたちが幾重にも色を重ね、ひとつの夢を描いていく。

文●内田暁

【写真】土居美咲ら海外で活躍する日本人プレーヤーたち