昨秋のラグビーワールドカップで“笑わない男”として一躍、国民的人気者となった稲垣啓太が、自身のインスタグラム(@gaki.keita)で熊谷市のポスターに起用されたことを報告。ファンの間で「爆笑!!」「世界中が笑うわ」などと反響を呼んでいる。

 熊谷商工会議所、くまがや市商工会、熊谷市商店街連合会の3団体が、新型コロナウイルス感染症拡大で影響を受けた市内商業者を応援し、市内景気の回復につなげようとポスターを制作。ポスターモデルを務めたのは、同市に本拠地移転を表明するパナソニックワイルドナイツ所属の稲垣である。

 稲垣は文面に「ポスターになりました」と報告。ハッシュタグで「#笑顔促進」と書き加え、ポスターとともに投稿した。同ポスターは、ラグビー競技場をバックに、お馴染みの“笑わない”真顔の稲垣の顔がでかでかと印刷されおり、両サイドには「熊谷のみんなには笑っていて欲しい」とキャッチフレーズが書かれている。
  同投稿は大きな反響を呼んでおり、「おかげで笑顔になりました」「ポスターほしい…」「爆笑!!」「ガッキー最高!」「熊谷どころかこのポスター世界中が笑うわ」「ジワジワきます」「ギャグやん」などとファンから絶賛のコメントが殺到している。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】”笑わない男”は最高に優しい笑顔を見せる男だった! ラグビー・稲垣啓太の厳選フォトギャラリー         この投稿をInstagramで見る                  

ポスターになりました。 #笑顔促進

keita inagaki(@gaki.keita)がシェアした投稿 - 2020年 6月月29日午前3時38分PDT