現在、ドイツ・ベルリンで開催されているエキジビション大会『bett1 ACE』に出場しているドミニク・ティームが、大会前の会見に出席し、問題となった『アドリア・ツアー』について再び口を開いたことを『AFPBB News』が報じた。

 世界ランク1位のノバク・ジョコビッチが主催したアドリア・ツアーは、新型コロナウイルス感染対策が十分に行なわれていないまま開催され、その結果、クラスターを発生させたとして批判が集中していた。さらには、大会期間中にナイトクラブで盛大なパーティーを催していたことも指摘され、これに参加していた選手たちはいわゆる“炎上状態”になっていた。

 ティーム自身もその場にいたわけだが、彼はこれらの出来事について「私たちは過ちから学び、直面する(新型コロナウイルスの)パンデミックに対処しなければならない。それが、アドリア・ツアーの経験から得られたものだよ」と述べた。また、多くの批判を受けていることについては「不公平だとは言わない」としつつも、「ノバクたちは何か罪を犯したわけではない。その点は指摘しておきたい」と付け加えた。
  さらに会見では、アドリア・ツアー後に、自粛期間中でありながらパーティーに参加し、批判を受けたアレクサンダー・ズベレフについての質問も飛んだ。ズベレフも『bett1 ACE』に出場予定だったが、大会直前に不参加が発表されていた。

 先日には、ズベレフの無責任な行動に不快感をあらわにしていたオーストラリアのニック・キリオスと、SNSやネットニュースを通じて言い争いのような形になっていたティームだが、これについて「この話題は終わりだ。サーシャ(ズべレフ)はきちんと理由があって参加しなかった。これ以上の意見、特にオーストラリアからの意見は不要だ」と、オーストラリア出身のキリオスに対して釘を刺すような発言をした。

 今大会には、キリオスも出場予定だったが、大会後にオーストラリアへ帰国した際、2週間の自己隔離が必要になる点を考慮し、出場を断念していた。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】ティーム、キリオスなど、プレーの合間に垣間見えるトッププロの素顔