●阪神−巨人(甲子園)
【予告・予想先発】
4日(火)ガルシア−菅野智之
5日(水)藤浪晋太郎−戸郷翔征
6日(木)高橋遥人−メルセデス

 およそ1ヵ月ぶりの伝統の一戦。勝率5割の阪神は、首位を独走する巨人の勢いを止めたいところだ。

 初戦先発のガルシアは今季の巨人戦2登板で10イニングを投げて9四球と大荒れ。一方、ハーラートップの5勝と好調の菅野は、開幕戦で7回2失点に封じて勝ち投手となって以来の阪神戦となる。

 また、水曜日先発の藤浪は前回のヤクルト戦で、味方のエラーが重なり負け投手にはなったが7回1四球10奪三振の好投。3度目の正直で今季初白星なるか。3戦目には高橋遥が今シーズン初先発予定。昨季の巨人戦は防御率2.73と抑えたが、主軸には打たれているので注意したい。

 阪神打線は28日のヤクルト戦で20得点して以降、やや湿りがち。梅野隆太郎が好調で、近本に当たりが出てきたのが大きい。ボーア、サンズが好調の菅野や戸郷を初対戦で攻略できるかどうか注目だ。
 ●DeNA−中日(横浜)
【予告・予想先発】
4日(火)井納翔一−福谷浩司
5日(水)浜口遥大−松葉貴大
6日(木)大貫晋一−柳裕也

 前回の横浜スタジアムでの対戦(6月23日〜25日)ではDeNAが3連勝。中日は昨季も相性が悪かったハマスタで、何とか勝ちを拾いたい。

 注目は水曜日の浜口対松葉の左腕対決だ。両者の投げ合いは今季2度目で、前回(7月15日)は松葉が勝った。松葉はその試合も含め、今季3試合で防御率1.47と安定したピッチングを見せている。DeNA打線のキーマンはソト。7月21日以降の12試合で打率.081(49打数4安打)と絶不調に陥っているが、15日には松葉から本塁打を放っている。ソトが復調すれば打線全体に与える影響も大きい。

 ここに来て先発投手陣が好調の中日は、今節から2年目の根尾昂が一軍昇格予定。さらには柳も復帰する見込みで、ようやく戦力が整い始めてきただけにしっかり勝っていきたい。
 ●ヤクルト−広島(神宮)
【予告・予想先発】
4日(火)高梨裕稔−九里亜蓮
5日(水)大西広樹−野村祐輔
6日(木)高橋奎二−K・ジョンソン

 ともに先週は2勝3敗1分と負け越し。投手陣に不安を抱えるチーム同士の対決となる。

 先週28日の阪神戦で20失点、防御率リーグワーストと苦しみながらも何とか2位に食らいついているヤクルト。何とか投手陣を立て直して踏ん張りたい。木曜日先発予定の高橋はここまで4試合で防御率2.28。先週の阪神戦では8回無失点に封じるなどブレイクの兆しを見せている。何より素晴らしいのは23.2投球回でまだ本塁打を許していない点。チーム打率リーグ1位の広島打線を封じることができれば、さらに勢いに乗るはずだ。

 広島は堂林翔太の勢いはやや落ちてきたが、1番の西川龍馬、2番の菊池涼介、主砲の鈴木誠也が好調。投手陣は、先週、野村が今季初先発で8回4安打無失点。今季初勝利を挙げた。投手陣全体が低調な中、最多勝の実績を持つ野村の好投が続けば、少し落ち着くだろう。
 ●ヤクルト−DeNA(神宮)
7日(金)吉田大喜−上茶谷大河
8日(土)小川泰弘−今永昇太
9日(日)原樹理−平良拳太郎

 注目は2戦目のエース対決だ。小川は1日の中日戦で今季初黒星を喫して連勝が4でストップ。一方の今永もすでに4勝を挙げていて、前回登板では阪神のエース西勇輝に投げ勝つなど勢いに乗っている。

 今永に勝るとも劣らぬ好投を見せているのが平良で、防御率1.99は現在リーグ2位。ただ、ここ4登板はすべてクオリティ・スタートを記録しながら0勝2敗と運に見放されている。そろそろ味方の援護に期待したい。ヤクルトの3戦目は不透明だが、原をファームから昇格させる可能性がある。
 ●中日−巨人(ナゴヤドーム)
【予想先発】
7日(金)大野雄大−畠世周
8日(土)勝野昌慶−田口麗斗
9日(日)梅津晃大−鍬原拓也

 中日エースの大野雄は7月31日のヤクルト戦で今季初完投初勝利。続く勝野は8回1失点、梅津は延長10回を投げ抜いて無失点と素晴らしい投球が続いた。いかにエースの存在が大きいかチームは再確認したはずだ。チームは今季、巨人戦2カード連続で負け越し。エースの好投で初戦をしっかり取って波に乗りたい。

 一方の巨人はサンチェスが離脱したこともあり、この3連戦のローテーションが不透明な状況。畠は先週金曜日の広島戦で今季初先発したが、5回に危険球で退場。マッチアップを見ると、投手力はやや中日に分がある。巨人は打線の援護がカギになってきそうだ。
 ●広島−阪神(マツダスタジアム)
【予想先発】
7日(金)森下暢仁−青柳晃洋
8日(土)大瀬良大地−西勇輝
9日(日)遠藤淳志−岩貞祐太

 森下は23日の阪神戦で6回2失点10三振の好投。一方、青柳も今季6先発すべてでクオリティ・スタートを記録しており、高レベルな投げ合いを期待したい。2戦目はコンディション不良からの復帰が噂される大瀬良と西勇の開幕投手対決か。西勇はここ2試合、好投をしながら連敗中。土曜日はエース級との投げ合いが多いが、ここを踏ん張り切れるか。チームにとっても、本人にとっても大事な1戦になる

 打線では大山悠輔が今季の広島戦5試合で打率.474、4本塁打、8打点と絶好調。サンズも3本塁打放っており、広島投手陣としてはこの2人をいかに食い止めるかがカギになるだろう。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!