“プラチナ世代”と呼ばれる2000年生まれの女子プロゴルファー安田祐香が、30日開幕の『樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント』に向けて意気込みを語った。

【PHOTO】笑顔がキュートな19歳新星、安田祐香の厳選フォトを一挙公開!

 安田は、頸椎(けいつい)捻挫により、『日本女子オープンゴルフ選手権』を含む3試合を欠場。4試合ぶりの復帰となった『富士通レディース』では、初日をプレーするも、首に違和感が残ることから大事をとって2日目に棄権するなど、ここ最近、“首痛”に悩まされている。

 今回、そんな安田は、日本女子プロゴルフ協会の公式インスタグラム(@jlpga_official)に登場し、「今週は予選通過をして上位で争えるように頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメント。最後はカメラに向かって笑顔で手を振り、元気な姿をみせた。同動画をチェックしたファンからは、「元気なお姿、ホッとしました」「復活!」「期待してます」「体調整えて、ベストで挑んでや〜」「健康第一、体が資本」などとメッセージが寄せられている。
  初日は、2018年同大会で優勝のささきしょうこと、ツアー18勝のベテラン大山志保と同組で回る予定だ。完全復活となるか、安田のプレーに注目が集まる。 

構成●THE DIGEST編集部         この投稿をInstagramで見る                  

・ #安田祐香 #樋口久子三菱電機レディス #jlpga

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式(@jlpga_official)がシェアした投稿 - 2020年10月月28日午後6時57分PDT