LINEによる自殺防止相談が若年層に効果、東京都の試験導入で

LINEによる自殺防止相談が若年層に効果、東京都の試験導入で

 若年層の自殺防止が課題になっている東京都で、都が今年3月に自殺防止相談の手段としてLINEを試験導入したところ、30代以下の若年層の相談件数の割合が、電話による相談よりも多くなり、LINEが若年層の相談窓口として有効であることが分かった。

 都における2016年度の自殺者のうち、30代以下の若年層が全国平均の26%を上回る28%を占めており、若年層の自殺防止が課題となっている。

 都は、今年3月19日から31日にかけて、LINEによる自殺防止相談の窓口を設置。期間中、合計600件の相談があった。このうち10代以下の割合は29%、20代は26%、30代は19%と、30代以下の若年層の相談が74%を占めた。相談内容は、「自殺やうつ」に関する相談が約120件と最も多く、「家庭」「学校」がそれぞれ約40件と続いた。

 都が開設している電話による自殺防止相談では、30代以下の若年層からの相談件数の割合は35%にとどまっている。都は「若年層が悩みを相談しやすい仕組みを検討した結果、若年層のコミュニケーション手段として浸透しているLINEを選んだので、狙いどおりだった。若年層にとっては、電話よりもLINEの方が相談の入口として入りやすいのだろう」と分析する。

 今年度予算でもLINEによる自殺防止相談の実施に8000万円を計上しており、時期や期間を検討の上、相談を実施するとしている。

(取材・文:具志堅浩二)


関連記事

THE PAGEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索