ボルト敗戦を金4個のM・ジョンソンが解説「プレッシャーがかかっていた」

ボルト敗戦を金4個のM・ジョンソンが解説「プレッシャーがかかっていた」

ロンドン世界 陸上の男子100m決勝が現地で行われ、今大会限りでの引退を表明しているウサイン・ボルト(30、ジャマイカ)は、9秒95で3位となり、有終の美を飾ることができなかった。優勝したのは2011年以来の復活となったジャスティン・ガトリン(30、アメリカ)だった。

 海外メディアは、一斉にボルトの敗戦を報道した。

 英国BBC電子版は、「ウサイン・ボルトは100m決勝でジャスティン・ガトリンに敗れる」という見出しで、その書き出しで「ガトリンが、ボルトの最後の舞台の台本を引き裂いた」と表現した。
その中で、五輪3大会の200、400mなどで4つの金メダルを獲得している米国のマイケル・ジョンソン氏による、ボルトのレース分析を掲載した。

 「ボルトはガトリンの挑戦を受けたというよりも、2位のコールマンからチャレンジを受けたと思う。ボルトには、大きなプレッシャーがかかっていた。彼はよいスタートを切ることができず、ギャップを縮めることができなかった。彼の苦しそうな表情は、これまでに見たことのないものだった」

 レースは、ボルトの隣のレーンにいたコールマン(米国)が先に飛び出した。予選でスタートブロックに対する不満を口にしていたボルトはスタートに苦手意識が生まれていたのかもしれない。強引に追いかけたが、コールマンにも届かず、8コースのガトリンにまくられた。
 ガトリンが9秒92、コールマンが9秒94だった。

 またガトリンへのブーイングについて、同局のコメンテーターであるマイク・コステロ氏の見解を紹介した。「これはスポーツにとって本当に難しいこと。ロシアの陸上陣は無期限の処分を受けている。ガトリンはこれまで2度処分を受け、最も重要な大会で金メダルを獲得した。観衆はアスリート個人にブーイングするのではなく、国際陸上競技連盟にブーイングしたほうがよかったかもしれない」

またワシントンポスト紙は、「これはフェイクニュースではない。ウサイン・ボルトがレースで敗れた」というヘッドラインで伝えた。
「ウサイン・ボルトはレースに敗れた。誰かこんなことを信じられる人がいますか。外に出て確かめてください、空は青いか、落ちてきていないかを」というユニークな表現で、スーパースターが3位に終わったというレース結果を驚きをもって表現した。

さらに同紙は、一般のファンらが驚きを表現するために、目をまん丸にした動画を貼り付けたツイートや、ホテルのロビーで激しく転倒するツイートを投稿している様子も伝えた。

関連記事

THE PAGEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索