なぜ栄氏を無責任に擁護し続けてきた谷岡学長は急転、解任を決意したのか

なぜ栄氏を無責任に擁護し続けてきた谷岡学長は急転、解任を決意したのか

レスリングで五輪4連覇をした伊調馨、田南部力コーチに対するパワハラを内閣府に認定された栄和人氏が17日、至学館大レスリング部監督を解任された。東京・駒沢体育館で行われていた全日本選抜選手権の終了後に至学館大の谷岡郁子学長が緊急会見を開き発表したもの。後任監督候補としては五輪3連覇で同大学副学長の吉田沙保里の可能性を口にした。これまで栄氏擁護の立場を貫き、伊調、田南部コーチへの謝罪を行う前に、現場復帰させるなどの無責任な行動で批判を受け続けてきた谷岡学長はなぜ態度を一変させたのか。

 その連絡は大会最終日の決勝の最中に突如、メディアに回ってきた。
 至学館大の谷岡学長が、大会終了後に緊急会見を開く、というものだった。
午後3時30分。立ったまま会見に臨んだ谷岡学長は、まず、同大学のレスリング部監督が起こしたパワハラ問題について謝罪、そして今大会で10階級中8階級で優勝できたことに対する感謝の意を述べた上で、こう切り出した。
「東京五輪へ向けての新たな道(を切り開いた)、その仲間の中に入ってこれない人が一人いた。本当に残念なことだが、私ども至学館大学は、栄和人監督を解任することを決断した」
 
 谷岡学長は、保護者会を現地で開いた15日の夜に栄氏を名古屋へ帰らせ自宅謹慎を命じ、16日の朝に解任の意向を伝えた。その際、栄氏からは「申し訳ありませんでした」との言葉があったという。
 解任を了承したか?という点について谷岡学長は、「そのように捉えている。受け入れたか受け入れていないかは個人の問題。どう考えているかを私が代弁することはできない」と答えるに留まった。
今後、栄氏の教職員としての立場をどうするか、については、学内の理事会で決定される。またレスリング協会の福田富昭会長と、高田裕司専務理事には、会見直前に伝えられた。

 谷岡学長は、ずっと栄監督の“パワハラはなかった”と擁護の立場を貫いてきた。
3月15日には、大学で反論会見を開き「そもそも伊調馨さんは(今でも)選手なんですか?」「栄監督が率いるレスリングチームの道場は彼個人のものではない。私が『使わせる』と言えば、伊調馨さんはいつでも使うことができる。栄は、その程度のパワーしかない人間、パワーのない人間によるパワハラが一体どういうものであるか、私には分かりません」と、暗にパワハラの存在を否定していた。

 また、この日の会見では、学内で5月24日に減給の懲戒処分を下していたことを明らかにしたが、内閣府が4月27日に栄氏の伊調、田南部コーチに対するパワハラを認定した後も、大学での指導を続けさせた上に、大学としての対応を明らかにする会見を開かず、伊調、田南部コーチへの直接の謝罪が実現していない段階で、今大会での現場復帰を認めていた。しかも、栄氏が会見を開いた14日の大会初日後には、なぜ、このタイミングで復帰させたのか?と問うメディアに対して「このタイミングじゃダメなんですか」「選手ファースト」と反論していた。また栄氏がセコンドにつかず観客席にいたことに関しても「睡眠が取れない」などと体調が不十分であるためと説明していた。

 栄氏と蜜月だったはずの学長が、なぜ急転、栄氏を切ったのか?


関連記事

THE PAGEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索