10月31日(土)に放送される「ノンストップ!SP 運命と闘ったQUEEN〜肖像画でたどる英国王室物語〜」(昼3:30-4:30、フジテレビ)で、イギリス人の父親を持つ中条あやみとハリー杉山、そして展覧会サポーターのデヴィ夫人が東京・上野の森美術館で開催されている「KING&QUEEN展」を訪問。展示されている王室の肖像画の数々を鑑賞しながら、その人物の生涯に迫る。

また、スタジオでは、イギリス王室の歴史や逸話を“ワイドショー目線”や、“昼ドラ目線”で紹介する他、王室に関するクイズも出題する。


■“史上初めて処刑された王妃”アン・ブーリン

1人目は、史上初めて処刑された王妃となったアン・ブーリン。側近や身内も数多く処刑し、暴君と恐れられた王・ヘンリー8世の2番目の妻だ。
“愛人”から王妃へと上り詰めた彼女は、当時では珍しい恋愛テクニックを駆使しヘンリー8世を夢中にさせたが、結婚から3年後、彼女がいたのは処刑台の上だった。

■生涯独身を貫いたエリザベス1世

2人目は、アン・ブーリンの一人娘である、エリザベス1世。生涯独身を貫き、大英帝国の礎を築く名君となった彼女には、生涯思い続けた相思相愛の男性がいた。
なぜ彼女は“愛する人との幸せ”を拒み、生涯独身を貫いたのか。そこには、父に処刑された悲劇の母・アン・ブーリンの影響があった。

■25歳でその座に就いた現女王・エリザベス2世

3人目は、現女王であるエリザベス2世。25歳で女王となった彼女は、数々の王室スキャンダルと王室批判を乗り越え、現在の王室のイメージを作り上げた。
彼女を最も悩ませたのは、1997年にダイアナ元妃が交通事故で亡くなった際の対応。彼女は王室の慣例どおり公式コメントを出さなかったが、その対応に多くのイギリス国民から批判が殺到した。

その時、エリザベス女王が下した決断や、彼女が目指した“開かれた王室”への思いが実を結ぶ過程に迫る。