嵐の大野智主演で2014年4月に金曜ナイトドラマ枠で放送された「死神くん」(テレビ朝日系)。「もう一度見たい」と、視聴者からも数多くの要望が寄せられていた同作が、ついに11月1日(日)からアンコール放送、そしてTVerで無料見逃し配信されることが決定した。
11月3日(火)にデビュー21周年を迎える嵐。デビュー21周年ウィークに伝説のドラマのアンコール放送、無料見逃し配信がスタートする。
■「死神くん」とは?
えんどコイチの「幻の名作」といわれた作品「死神くん」。大野主演で初めてドラマ化されたこの作品では、「おめでとうございます。お迎えに上がりました」というせりふとともに死亡予定者の前に現れる新人の死神No.413(大野智)のほか、死神No.413の監視役である監死官(桐谷美玲)、そして死神たちの競合相手である悪魔(菅田将暉)といった個性豊かなキャラクターたちが、毎回コミカルかつシリアスに「生きることは尊い」というメッセージを伝えてきた。

この、ちょっぴり笑えてホロリと泣けるブラックファンタジーは多くの視聴者の共感を呼び、“死神”でありながらも優しい心を持った死神No.413のキャラクターは、まさに大野のイメージにぴったり、と人気を博し、「ギャラクシー賞・マイベストTV賞第9回グランプリ」など数々のドラマ賞も受賞、大きな反響を呼んだ。

そんな名作ドラマ「死神くん」が、このたび待望のアンコール放送。さらに放送終了後からTVerでの無料見逃し配信も決定。「死神くん」の不思議ですてきな世界観を堪能するまたとない機会となる。