嵐の櫻井翔が総合司会を務める日テレ系音楽の祭典「BEST ARTIST 2020」(11月25日[水]夜7:00-10:54、日本テレビ系)に、宮本浩次が登場。宮本は久保田早紀「異邦人」のカバーを披露し、出演後コメントを寄せた。

――「異邦人」カバーのきっかけは?

ソロ活動をはじめて、日本の名曲を歌いたいと思いました。自分で歌ってみてすごく気持ちも込められましたし、(楽曲の)世界観にも共感したことがきっかけです。(「異邦人」含め)今回アルバム「ROMANCE」でカバーしているどの曲も自分が大好きな歌なんです。

――曲を通して感じてほしいところは?

ラブソングですが、詩の世界観が深く、夢と現実のギャップや、孤独や悲しみが歌詞の中に入っています。美しいメロディーと透明感のある歌詞をみなさんに味わっていただけたらと思います。

――今日のステージの感想をお聞かせください。

短い勝負の中ですが、たくさんカメラがありますから、この曲の素晴らしさが届け!という気持ちで歌いました。