嵐の櫻井翔が総合司会を務め、11月25日に放送された日テレ系音楽の祭典「BEST ARTIST 2020」(日本テレビ系)に、乃木坂46が登場。山下美月が初のセンターを務める最新曲「僕は僕を好きになる」を初披露した。パフォーマンス後、代表して生田絵梨花、梅澤美波、久保史緒里、齋藤飛鳥、山下の5人がコメントを寄せた。

白石麻衣卒業後第1弾シングルとなる同曲は、乃木坂46のファンの間で“神曲”クリエーターとして名高い杉山勝彦が作曲を担当している。

■乃木坂46コメント

――「僕は僕を好きになる」初披露の感想を教えてください。

山下美月:初披露が生放送だからこそいい緊張感があって、より一体感が伝わったかなと思います。個人的に大好きな楽曲になると思うので、たくさんの方に聴いてもらえるように発信していきたいなと思います。

梅澤美波:10カ月ぶりの(CD)シングルということもあってすごくメンバーも気合いが入っていたし、ダンスにも気持ちがこもっていました。楽曲の歌詞も、自分の中でもがいているような歌詞の中で、最後に「僕は僕を好きになる」というフレーズが印象的で、自分たちも力をもらっているので、聴いている方にもそれが伝わったらいいなと思います。

久保史緒里:10カ月ぶりのシングルで、すごくみんな気合が入っていたので、あらためて乃木坂46が好きだなって思いました。(今日の衣装は)統一感もありつつ、メンバーごとに少しずつデザインも違うので、本当にすてきに作っていただけたなとうれしく思っています。

――1期生から見て、今回の後輩の姿はいかがでしたか?

生田絵梨花:もちろん緊張はすごくするんだろうなと思いつつも、その分だけ直前までストイックに練習している姿に、私たちもすごく刺激を受けました。

齋藤飛鳥:初めてのフロントや選抜になった後輩も何人かいて、彼女たちを見ていると、緊張をバネに変えられる子たちなんだな、強い子たちだな、と思いました。今日はみんなの強さが見られたのがよかったです!

生田:今までは1期生が周りにたくさんいたけれど、後輩に囲まれながら活動している中で、山下は飛鳥を先輩だけどめっちゃいじっているんです(笑)。山ちゃん(山下)筆頭に遠慮せず先輩をたくさんいじってほしいなって。

山下:いいんですか?(笑)

生田:(世代の)壁をなくして、仲良く頑張ります!