嵐の櫻井翔が総合司会を務め、11月25日に放送された日テレ系音楽の祭典「BEST ARTIST 2020」(日本テレビ系)に、EXILEが登場。新曲「RED PHOENIX」をパフォーマンスした。

「RED PHOENIX」は、2021年1月1日(金)にリリースされるシングル「RISING SUN TO THE WORLD」に収録される楽曲。

今回番組で披露するに当たり、EXILE AKIRA、EXILE TAKAHIRO、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHIがコメントを寄せた。


――「RED PHOENIX」が生まれた過程について教えてください。

EXILE SHOKICHI:今回、NEW EXILEとして始動するに当たって、どういう楽曲がいいか、どうしたら新しいEXILEを表現できて、3人のボーカルの持ち味を出してフレッシュ感を出せるかとみんなで考えていました。

ちょっとロックが入っていて、ダンスナンバーでもあって、さらにライブでは、これまでもドラムやギターを披露しているので、そういう部分が出せたら、新しくEXILEを表現できるのではないかと思いました。

それらが映える曲として「RED PHOENIX」を提案させていただいて、普段デモ作りを頑張っている(白濱)亜嵐にも声をかけて、自分たちで生み出すクリエーティブ感を出せたら、とできた楽曲です。
ドラムやギターのパフォーマンスは、今回がテレビ初披露になりますね。

EXILE NESMITH:歌割りも、声の特徴だったりとか得意な音域だったりを生かした歌割りになっています。声の表現の仕方も、自分の低音であったり、TAKAHIROくんやSHOKICHIの高音だったり、それぞれの声が聞こえてくるということにこだわって、キャラクターがぶつからずうまく融合しているのが今回の楽曲の特徴かなと思っています。

EXILE TAKAHIRO:僕もソロなどでロックを歌っていますが、今まで吸収してきたことを今こそEXILEに生かすべきだなと思いますし、今後EXILEのアプローチが、今までも出してきた壮大感が、また一味違う意味合いだったり、メッセージ性になっていくのかなとも思います。

やはりEXILEのデビューの時からずっと応援してくださっているファンにも応えつつ、歴史を重んじながらも、新しいものをしっかり作っていきたいなと思っています。

――「RED PHOENIX」のパフォーマンスのポイントについて教えてください。

EXILE AKIRA:これまでのEXILEはボーカルがいて、周りに定位置のパフォーマーがいるフォーメーションでしたが、一新してそのフォーメーションを崩そうと、変幻自在にトランスフォームするのが一つの見せ場かなと思っています。

みんなのストロングポイントが映える演出であったり、MVでも自分が岩ちゃん(岩田剛典)とテーブルを使ったパフォーマンスをやったり、ネッさん(EXILE NESMITH)のギターのもとに集結したりというシーンがありますが、とにかく今のEXILEは変幻自在ですので、そういうところを生かして自分たちの新しい時代を作るという強い思いです。

自分たちが築くEXILEはもちろん、下の世代に継承していくEXILEでもありたいなと思っています。

――今後はどのような楽曲をイメージしていますか?

EXILE SHOKICHI:今後ライブをやることが決まっているので、そこに合わせて足りない曲とか表現したい楽曲を考えています。
今の楽曲のアップテンポバージョンだったり、バラードも欲しいなと思いますし、あとは、みんなで楽しめるキャッチーな曲もできたらなと。新しいアプローチで表現できたらと思っていますね。