12月2日に開催された「日本ネーミング大賞 2020」授賞式に、太田光(爆笑問題)、太田光代夫妻が出席した。

今回初めて開催された「日本ネーミング大賞 2020」は、日本ネーミング協会が2020年最も称賛すべき「商品名」「サービス名」「社名」など優れたネーミングを選出し、表彰するアワード。太田光が審査委員長、太田光代が特別顧問を務めた。

太田光はあいさつから「アンジャッシュの渡部(建)です。今日は私の謝罪会見にお越しいただきまして…。いろいろ多目的にやってしまいましたけど」とボケるも、横にいる太田光代の顔を見て「まぁ、冗談はこれくらいにして」とトーンダウン。

続けて、「どういう賞かよく分からなかったんですけど、ノミネートを見たら日本のそうそうたる企業だらけで、これはすごい賞の審査委員長を引き受けてしまったと思って。『こんなにノミネートしたんですか?』と(主催者に)聞いたら、こっちが勝手にノミネートしていた」と明かす。

「こんな押し付けがましい賞があるのかと私はビックリしましたね。かつて田中(裕二)のファンの女の子が毎回ファンレターをくれてたけど、あるとき『彼氏ができてごめんなさい』というファンレターをもらって。勝手に好きになられて勝手に振られたみたいな、今回賞にもれた企業はそんな気持ちになるのでは」と語り、会場の笑いを誘った。

さらに、大賞を発表するときは「2020年度大賞は『3密』。受賞者は、『女帝』小池百合子さん」とボケ、司会者から「違います。ノミネートされてません」と冷静に返され、苦笑いしていた。

最後に総評では、「タレントとしてコマーシャル受ける立場で、落とした企業にうらまれてしまうとか考えずに、忖度なしでやりました」と言いつつも、「どのメーカーさんでも私はコマーシャルに出る準備はいつでもできます」とちゃっかりアピール。

さらに、「くしくも伊勢谷(友介)くんの裁判と日が重なって不思議な縁を感じます」と最後までボケ、会場の爆笑をさらっていた。

【日本ネーミング大賞 2020受賞一覧】

●最優秀賞(大賞)
「鼻セレブ」

●優秀賞(各部門)
「ガリガリ君」「カップヌードル」「午後の紅茶」「一番搾り」「救心」「NONIO」「ウォシュレット」「PayPay」「宅急便」「東京スカイツリー」「SKYLINE」「AIRism」「MUJI」「(CIAO)ちゅ〜る」

●審査委員特別賞
「カップヌードル」「AIRism」


◆取材・文・撮影=TAKAMI