12月10日(木)放送の「ルパンの娘」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)は、「ルパンの娘〜愛の物語〜」と題したスペシャルエピソードが放送。主人公・三雲華(深田恭子)の幼なじみ・円城寺輝(大貫勇輔)とその父の秘められた愛の物語が描かれる。円城寺輝の父・円城寺豪を演じるのは、市村正親。市村がフジテレビドラマに出演するのは、木曜劇場「Oh,My Dad!!」(2013年)以来およそ7年ぶりとなる。

豪は、Lの一族である華の父・三雲尊(渡部篤郎)がライバル視する世界を股にかける大泥棒。豪は、いつまでたっても華と結婚しない輝に業を煮やして緊急来日することに。それに慌てた輝が、華に1日だけフィアンセになってほしいと依頼し物語が展開していく。

市村は劇団四季出身で、これまで紫綬褒章、旭日小綬章をはじめ、数々の受賞歴を誇る日本を代表するミュージカル俳優。今回の役どころが、作中で数々のミュージカルシーンがあった輝の父親ということで、市村のミュージカルシーンも用意されている。市村は「ルパンの娘」のミュージカルシーンについて、「輝は突然歌い出すし、画面には歌詞のテロップが入ったりするのが面白いですね。本当のミュージカルは、“ここぞ!”という大事な時に歌うのが良いところなんですけど、輝はすぐ歌うから(笑)。それもミュージカルのパロディーとして成立するから良いですね」とコメントした。

また、深田は、輝と過ごした高校生時代の回想シーンを、お下げのセーラー服姿で熱演する。

■市村正親コメント

――オファーを聞いた際のお気持ちは?

泥棒の話なのですが、ある種のメルヘンもあるドラマですね。衣装も今までの連続ドラマとは違った趣で、全体に一つのスタイルがありますよね。オファーを頂いた時は、そんな作品の中に僕が出演できる役があるのかな?と思いました。そうしたら、円城寺輝の父親役でしたので、「あー、大貫(勇輔)くんのお父さんならあり得るな!」と。僕と同じミュージカル畑ですし、他の回にもミュージカル畑の役者が出ていますからね。僕が輝の父親役で出演するのも当然かな(笑)。

――輝の父親役は市村さんしかいらっしゃらないと思いました。

そう言っていただけるのは光栄です。円城寺家は泥棒といっても、ミュージカル系の泥棒ですから。輝は突然歌い出すし、画面には歌詞のテロップが入ったりするのが面白いですね。本当のミュージカルは、“ここぞ!”という大事な時に歌うのが良いところなんですけど、輝はすぐ歌うから(笑)。それもミュージカルのパロディーとして成立するから良いですね。

――台本を読まれた感想は?

僕が演じる豪が、輝を励ましに行きます。そこでは、厳格な父親としての面と、ひょうきんな一面も出せれば良いなと思いました。また、豪はLの一族の秘密を知っているという側面では、ストーリーのキーパーソンにもなるのかな?と、思いました。プロデューサーからは、豪は厳格で威厳のあるハードな役で、劇画的なキャラクターではなく、リアルな厳しさでお願いしますと言われました。「それなら、普段の僕と一緒ですね?」と、お答えしたんですけど(笑)。

――収録に入られて、いかがですか?

先日のロケで、結婚式場のチャペルの中で歌ったり踊ったり、せりふもあるシーンを撮影しました。その時は、テレビドラマの撮影というより、シェイクスピアの舞台を演じているような雰囲気を感じました。豪の衣装もドラマっぽくないので、本当に舞台に立っているような感覚です。収録現場は役者もスタッフも、しっかりとした世界観ができていましたので、僕は監督の指示通りに動いていました。僕自身、その空気感にすーっと入ることができました。撮影しているカメラマンさんも良い方です。立ち位置などを細かく見て下さいますし、良い演技ができた時は良い反応をして下さるので芝居もしやすいです。今回は西岡(和宏)監督なんですけど、チーフは武内(英樹)監督です。僕は「テルマエ・ロマエ」シリーズに出演しているので、武内監督がつくる世界観は分かっていました。

――大貫さん、深田恭子さん、渡部篤郎さんとご一緒されたご感想は?

大貫くんはよく食事に一緒に行ったりもしているので、本当の息子のような感覚です。彼も僕を慕ってくれていると思うので、芝居もしっかりと作れています。深田さんとは以前、劇中劇みたいな設定で共演したのですが、今回はまだ共演シーンがないのでごあいさつぐらいで、まだ話をできていないので役としてお会いできるのが楽しみです(※インタビュー時点)。渡部さんとは声の出演で共演したゲームのイベントでご一緒したことがあります。今回もゴルフのスイングを教えてもらったりしているんですけど。共演シーンはまだなのですが、渡部さんは僕の衣装を見て「そういうのなんですか?」と驚かれていました(笑)。

――ドラマを楽しみにしている視聴者の皆さまへのメッセージを。

Lの一族の過去も謎ですが、僕は円城寺家としての出演です。その円城寺家に何があったか?そしてLの一族とどんな因縁があるのでしょうか?このドラマの中でLの一族が太陽だとすると、円城寺家は月だと思うんです。僕は役者として、皆さんから太陽のようだと言われるのですが、僕自身は月だと思っています。太陽は常にエネルギーを出さなくてはいけないので、月のほうがある意味楽なんですよ。太陽からのエネルギーを反射して輝く天体ですからね。月は古くからたくさんの詩や俳句に読まれています。月の方が悲しみを表現しやすく、人生にもつながるんだと思います。そんなイメージで円城寺家を見ていただきたいです。

■「ルパンの娘〜愛の物語〜」あらすじ

華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)、杏(小畑乃々)ら家族に再び平穏な日々が訪れていた。北条美雲(橋本環奈)もまた、うるさかった隣人が引っ越したことで静かな生活を取り戻していた。そこに予期せぬ来客。訪れたのは今まで敵として追いかけてきた尊だった。尊の様子から自分に頼みごとがあるのだと推理する美雲。さらにLの一族ではなくわざわざ自分に頼みに来るということは“家族に言えない秘密”があるのではないかと鋭く畳みかける。相変わらずの美雲に尊は早速願いごとを申し出る。

その頃、悦子(小沢真珠)は宝を大放出してしまったことによる“お宝不足”で息も絶え絶えになっていた。そこに渉(栗原類)から新たなお宝、グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリングが提案される。悦子は飛びつくが、渉は美雲にプレゼントするのだと言い張る。

そんな時、華と和馬のマンションに円城寺輝(大貫勇輔)が現れた。円城寺は華に1日だけフィアンセのふりをして欲しいと頼む。円城寺は突然帰国した父の豪(市村正親)に、婚約者であった華とまだ結婚していないことを叱られたのだという。突然の無理難題な申し出に戸惑う華と和馬だったが、豪はとんでもなく怖い男のようで…。

豪と会った華と円城寺は、結婚式の日取りやドレスをどうするのか問い詰められる。そして円城寺家で花嫁に贈ると決められているリングを華のために盗み出すよう円城寺は言い渡される。それは尊らの狙っているダイヤモンドリングだった。

尊は昔からライバル関係だった豪からリング争奪戦を申し込まれ受けて立つ。三雲家と円城寺家で盗み合い、三雲家が先に盗んだら華の許嫁の件を豪が取り消す、円城寺家が勝ったら華を円城寺家に嫁がせるという。かくして世紀の泥棒合戦が始まった。