2月25日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(毎週木曜夜10:00-10:57、TBS系)に、松村北斗(SixTONES)、鬼越トマホーク(金ちゃん、坂井良多)がゲスト出演。ゲストがやっかいなルールのもとで料理初心者の櫻井翔と料理対決する“夜っ会食堂”に挑んだ。

今回のテーマは“生け簀の魚を使った海鮮料理”。櫻井は料理初心者のため、度々審査員を務めている島崎和歌子とみちょぱ(池田美優)は「大丈夫、魚…さばける?」「味がないんだもん、いっつも」「自分の口で混ぜてパターンですもんね、いつも」と不安気な様子。

しかし櫻井は、魚ではなく伊勢海老を選択。さらに包丁ではなくキッチンバサミを腹に刺して頭と尾をねじ切り、頭もキッチンバサミで切り開いてみそを取り出すなど、力技で伊勢海老をきれいにさばいてみせた。

その後も櫻井は順調に海老の出汁をひき、おにぎりは三角形に整えられず苦戦しつつも、「相当ぜいたくですから、これ。ほら見て、海老みそ!」「素材の味」と自信満々で、“伊勢海老の焼きおにぎり ひつまぶし風”を完成させた。

一方の松村チームは「中学校、高校時代、自分のお弁当を作って行ってたので、すごい派手な料理が作れるわけではないんですけど、家庭料理ぐらいならできるかな」「母親がよく(揚げ物)やってくれてて、それをよく手伝ってまして」という松村に、実家の居酒屋で長年働いていただけでなく釣果もさばいて店で出していたという金ちゃんと、お菓子作りの好きな坂井が参戦。

まずは松村が「生で食べられるアジで、アジフライ作りたかったんですよ!」と、小学校の林間学校で習ったという知識で迷いなくアジを背開きに。さらに「下味の段階で、僕のめちゃめちゃ好きな七味唐辛子」を開いた身にまぶし、慣れた手つきで“七味アジフライ”をからりと仕上げた。

これに坂井特製のタルタルソースと明太マヨソースを添え、金ちゃんが5分で作った“アジの韓国風ユッケ”とともに出した。

いざ試食となり、松村チームの料理は絶賛の嵐。櫻井も間違いなくおいしい組み合わせにはいたったものの、20分以上は煮込まないと伊勢海老の出汁はひけないという経験不足が敗因となり、「おっ、うんうん…、みそだ!海老感はあんまない」「全然海老の味がしない」「海老どこ行きました!?」と、もはや恒例となりつつあるパンチのない仕上がりに。

結果は松村チームの完勝で、番組公式Twitterで公開された松村のレシピにも1.3万を超えるいいねが集まった。

次回の「櫻井・有吉THE夜会」は3月4日(木)夜10:00より放送。市原隼人、新田真剣佑、藤原竜也が出演し、インテリアやトレーニングなど、こだわりについてとことん語り合う予定。