アイドルグループ・日向坂46が2月28日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて行われた「第32回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 SPRING/SUMMER」(以下、TGC)に出演。佐々木美玲、加藤史帆、高本彩花、金村美玖、齊藤京子、佐々木久美、小坂菜緒の7人が、「NEXT D PROJECT supported by DASADA STAGE」に登場した。

「NEXT D PROJECT」は“会えない時でもオシャレしたい。大変な時代でも夢を諦めたくない。オシャレと夢は自粛しない”というコンセプトで実施された次世代アーティスト発掘プロジェクトで、メンバーは受賞者4人によるデザインの作品、およびDASADAの新作を着てランウェイを歩いた。

加藤は「私が着ているのはガブイズムガブリメリーさんのデザインで、唯一、2つのデザインが採用された方なんです」と着用しているTシャツを紹介すると、同じ受賞者のTシャツを着ている佐々木美玲も「ウサギさんがランウェイを歩いていて、それをいろんな人が支えているという奥深い作品です」と絵柄を解説。

“愛夢ヒロイン(アイムヒロイン)”という文字がデザインされたTシャツを着た金村は「袖までちゃんと柄が入っていてかわいいので、すごく楽しかったです!」と、なぜか最後はランウェイを歩いた感想になってしまい、MCからツッコまれてしまう。

続いて佐々木久美が「守マナミさんのデザインで、おいしいものを詰め合わせたのに、お花みたいにカラフル。背中もお花なんですけど、右上はイクラなんです。斬新で今までになかったようなデザインなので、楽しかったです」と魅力をアピールしつつ、最後は金村のコメントにかぶせてきた。

小坂は「最年少、中学3年生の長枝昂市さんのデザインでハート型になっていて、そこにいろんなデザインが詰まっていてすごく愛情を感じます」と、自身が着用したTシャツをお気に入りの様子。

齊藤と高本が着用している新作を含め、全てDASADA WEB STOREで購入することができる。

■「東京ガールズコレクション」概要

東京ガールズコレクションは、“日本のガールズカルチャーを世界へ”をテーマに2005年より春夏、秋冬の年2回開催。今回で32回目を迎える日本最大級のファッションショー。

今回は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、リアルとバーチャルを融合させた「アタラシイTGC」としてオンラインで開催され、豪華モデル陣によるランウェイやアーティストのライブパフォーマンスが行われた。


◆取材・文=田中隆信