人の命をつなぐ「食」をテーマに描いた映画「種まく旅人〜華蓮のかがやき〜」が、3月26日(金)より石川県先行公開を皮切りに4月2日(金)より全国で順次公開される。

本作は、農業や漁業の第一次産業を応援する「種まく旅人」シリーズ4作目。石川・金沢の伝統野菜でもある「加賀れんこん」を題材に、後継者不在に悩む農業の現状と農業を営む女性たちの活躍を描いた心温まるヒューマンストーリーとなっている。

主演を務めるのは、シリーズ2作目で農林水産省の地域調査官・神野恵子を演じた栗山千明。本作でも、地域調査官として農業の活性化に奮闘する神野を体当たりで演じる。シリーズ続編への出演を果たした栗山に、作品への思い、撮影の様子などを語ってもらった。

■続編と初めての作品の違いは「緊張度合い」

――前作と同じキャラクターを演じることが決まった時の心境から教えてください。

「種まく旅人」はその作品ごとに主人公が違う中で、私が演じさせていただいた神野恵子を受け入れていただけたのかなとすごくうれしかったです。

前回の「くにうみの郷」では、かいぼり作業がすごく大変ではありましたが充実した撮影ができたので、今回も大変なこともあるかもしれないけどきっと楽しいんじゃないかなと思いながら撮影に挑みました。

――続編は、初めての作品を演じることと違いはありますか?

初めての場合は作品のテイストや役の捉え方が、最初は監督さんの思うものになっているのか分からないのでみんなでディスカッションするのですが、作る作業というのは感覚の違いからすごく難しいんです。だから、形になるまで間違っていないか不安な要素が多いので緊張するんですよ。

でも、続編は前回の反省点はあっても形になっているので安心して迎えられるんですね。そこの緊張度合いが全然違います。

――前作とのつながりについて意識されたことはありますか?

前回の「くにうみの郷」の時と同じようにドキュメンタリーのような感覚で撮影をしてくださったので、私が初めて体験することは神野にとっても初めてだと仮定して、素直に感じた通りでいいのかなという心積もりで演じました。つながりを意識するよりは神野=栗山というイメージでやっています。

――現地の方々との触れ合いで印象に残っていることはありますか?

一つ聞いたら100教えてくださるくらいの熱意があって、しかも皆さん優しいですよね。撮影でお邪魔しているわけですが、すごく協力的で昼の休憩の時にレンコン料理とかを振る舞ってくださるんですよ。レンコンは煮物くらいのイメージしかなかったんですけど、いろいろな食べ方があって、教えてもらう機会もあったり、きっと神野恵子はこういう体験をしているんだろうなと思いました。

――特においしかったレンコン料理は?

私の好みとしては、ダイレクトにステーキが一番おいしかったです。その発想自体がなかったので、凝った料理が得意じゃない人でもできるのかなと思うと、自分でもおいしいレンコンさえ手には入れば作れるな〜と思いました(笑)。

■神野は「良い意味で人間関係をかき乱していく」

――撮影に入る前に今回も大変なことがあるかもしれないとおっしゃっていましたが、実際にありましたか?

そりゃあもう(笑)。私の出身でもある茨城はレンコン畑が結構あるんですけど、バラエティーでも多くの方が足を取られて倒れる姿を見ていたので、覚悟はしていました。上手でなくていい役回りだったので自然と慣れていきましたが、平岡(祐太)君をはじめ農家の役の人たちは事前に練習されたりして大変だったと思います。

あと、スタッフの皆さんも機材を持って畑の中に入るのが大変そうでした。

――農林水産省としての立場から見て、家を継ぐか継がないかで悩む男性の姿や、男性との将来に悩む恋人の姿から、二人の心の揺れや選択をどんなふうに感じていましたか?

やっぱり好きな人には自分の仕事を理解してほしいし、好きな人の仕事だから理解したい気持ちもあると思うので、どういう選択をするのかそれぞれだなと思いながら見ていました。

ただ、神野の役割としては責任を感じて言えないことを平気で言えてしまうタイプの人なので、それが良い意味で人間関係をかき乱していくんですよね(笑)。知り合ったらほっとけない真っすぐな人だと思いながら、見守っていました。

――映画の中でも取り上げている、農業をする女性たちの姿はどのように映りましたか?

私も興味があってシソやバジルに挑戦したことがあったんですけど、興味がある方々が集まって試行錯誤しながら農業をするのはきっと楽しいし、女性ならではの視点もあるので、これから先、女性も楽しめるお仕事の一つになっていくんじゃないかなと思っています。

――最後にメッセージをお願いします。

映画を見て金沢に行きたい、レンコンを食べてみたいと思ってもらえたら、ご協力いただいた金沢の方々に恩返しができるかなと思っています。人間関係もきちんと描かれていて、見どころの一つになっていますので、楽しんでいただけたらと思います。