3月2日放送の「パパジャニWEST」(TBS系)で、ジャニーズWESTのメンバーが、2組に分れて、子どもの初恋を応援した。デートを盛り上げるためにメンバーとスタッフが総出で行ったフラッシュモブに反響が寄せられた。

今回は「子どもの初恋を応援!パパジャニ告白スペシャル!」の後編として、中間淳太、小瀧望、神山智洋、桐山照史の4人が、幼稚園卒園を機に、好きな男の子と離れ離れになる女の子のために、初デートをプロデュースした。今回、男の子にプレゼントするクッキーとフルーツサンド作りを小瀧と桐山と女の子の3人が、デートを盛り上げる“フラッシュモブ”は神山と中間が担当することに。

フルーツサンドの作業中、桐山からゴムヘラを受け取った女の子が「ありがとう」とお礼を伝えると、桐山が「偉いな、ちゃんとお礼言えるって偉いわ」と褒め、続けて「俺も昔、おやじに唯一怒られたのが、あいさつせいって」とエピソードを語ると、小瀧も「めちゃくちゃ怖かった」という父親について「今でこそメンバーにいじられてるけど、もう考えられへんくらい寡黙で厳格やったな」と明かした。桐山は「息子のことを“愚息”って呼ぶ。『うちの愚息がお世話になっております』」と話すと、小瀧も「マジよ!“愚かな息子”よ!たまにだからおやじの腰元みるもん、刀差さってないか」と笑いを交えながら語った。

■「本番、頑張ろうね」

続いてフラッシュモブのリハーサルへ。神山と中間が考案した物語は、恋に自信をなくした男の子がいちごにんげんに勇気づけられ、見事、告白に成功するサクセスストーリー。女の子のリクエストで「忍たま乱太郎」(NHKアニメワールド)の主題歌「勇気100%」に合わせて披露する。神山と中間が立ち位置や振り付けなどを指導。スタッフも交えて練習を重ねた。休憩時間もダンスの練習に励む女の子に付き添った神山。「本番、頑張ろうね」と勇気づけていた。

男の子をお出迎えして、いちご狩りデートがスタート。ジャニーズWESTのメンバー4人はイチゴの国の案内人として、イチゴのかぶりものをしてサポートした。手作りのフルーツサンドを食べた後は、スタッフも交えた総勢16人によるフラッシュモブを披露。初デートを盛り上げた。

視聴者からは「最初から最後までずっと面白かった」「女の子に寄り添う神ちゃんが優しい」「フラッシュモブに感動した」「スタッフ総出で盛り上げるいい番組」などの反響が寄せられた。「パパジャニWEST」次回は3月9日(火)放送。「パパ修行を総復習」をオンエア予定。なお「パパジャニWEST」は、「TVer」「Paravi」で見逃し配信中。