山崎育三郎が、4月2日(金)、9日(金)の2週にわたり、ドロキュン劇場の名手・鈴木おさむが新たに放つ強烈作、ドラマスペシャル「殴り愛、炎」(夜11:15‐0:15ほか、テレビ朝日系)で主演を務めることが分かった。本作は婚約者を愛し抜く主人公・明田光男(山崎)を中心に、いびつな愛の炎に包まれた男女5人の激愛模様を描く、“底なしクレイジー恋愛ドラマ”となっている。山崎が演じるのは、「この手は人の命を救うためにある」と心に誓う心臓外科のスーパードクターで、過去一度も人を殴ったことがない人格者・光男。父が経営する病院に勤務し、次期院長と目される文句なしのエリートという役どころ。

ところが、そんな光男が、自身の婚約者である看護師・豊田秀実(瀧本美織)が高校時代に思いを寄せていた緒川信彦(市原隼人)が入院してきたことで、だんだん急変していくことになる。再会した秀実と信彦の心が引かれ合っていくのをいち早く察知した光男は、ピュアに秀実を愛するあまり、猛烈な嫉妬心と執着心を燃え上がらせていく。

秀実を手放したくない一心から、双眼鏡で監視するなど完全ストーカー化し、ついにはライバルに対して“愛の拳”を振り上げるばかりか、想像をはるかに超えたトンデモ行動にまで出てしまう。

また劇中では“ここぞ!”というポイントで、山崎が「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」を歌うシーンも登場する。

■酒井若菜、永井大がさらに物語をかき乱す!
瀧本と市原が山崎演じる光男とともに、要となる恋愛バトルを繰り広げる。瀧本は、光男と婚約しながらも、高校時代に思いを寄せていた先輩・信彦に引かれていく看護師・秀実を演じる。光男と信彦の間で揺れに揺れまくる秀実。一見、正統派ヒロインに見えるが、実は物語が進むにつれ、ツッコミどころ満載な“いろいろな意味で愛すべきヒロイン”を瀧本が好演する。

そんな秀実を翻ろうする信彦を演じるのが市原。真っすぐで誠実すぎる人物であるが故に、信彦は秀実への思いが抑えきれず、はたから見たらおかしい行動を繰り出していく。真面目だからこそたがが外れてしまった男を、市原が一球入魂の真剣芝居で体現する。

そんな三角関係に隙あれば割り込み、さらに物語をかき乱そうとするのは、酒井若菜演じる光男の幼なじみ・徳重家子。「元モデル、現インフルエンサー、社長令嬢」という、向かうところ敵なしの家子は、愛しの光男の恋路を邪魔しようと暗躍。恐ろしい手を使いながら、恋の三角関係に“余計な横やり”を入れる。

さらに、光男の母親違いの兄で、弟への嫉妬心を秘めた心療内科医・鈴川倫太を演じるのは永井大。秀実のことを気に入っている倫太は、その手に握った“とんでもない秘密”を武器に、物語全体をかき乱す。秀夫は、左目を分厚い前髪で隠したインパクトの強いビジュアルで、それぞれの重要な所で“爆弾”を投下する。

■山崎育三郎のコメント
鈴木おさむさんの作品はたくさん拝見しており、いつかご一緒させていただきたいと思っていたので、今回はすごくうれしかったです。僕が演じるのは“壊れていく役どころ”であり、物語自体も全てのエンタメが詰まった“ありそうでない作品”。台本をいただいた瞬間から「やりきろう!」と、ワクワクしました。

とにかく、光男は壊れ方がすごいキャラクター。前後編合わせてトータル2時間という時間制限の中、怒涛(どとう)の展開で壊れていきますが、その感覚自体はすごく丁寧に作っていくことができました。コミカルさと苦悩、いろいろな振り幅が見せられる役なので、今までにない山崎育三郎を見ていただけるかもしれないです。実際、僕自身も新しい自分を発見できて、面白かったです! 市原隼人さん演じる信彦と殴り合うシーンも、喉がガラガラになるくらい叫ぶなど、思いっきり臨めました。

撮影中は思わず笑ってしまうことの連続でした。なにせ瀧本美織さんが、ちょっとしたことですぐ笑うんですよ! そこに釣られて僕も笑っちゃう、なんてことも多々ありました。また、市原さんの間の取り方や、表情もすごく面白くて! とにかく一個一個のシーンが面白く、一人一人がみんなおかしい! 

今回は役者みんなが心から「うそでしょ!?」という展開を楽しみ、「これは面白くなる!」と言いながら作るという、貴重な経験ができた作品。劇中では僕が歌うシーンもあるのですが、今回は“光男としての歌唱”という部分でのバランスも考え、歌いました。実は物語の中でキーポイントとなってくる歌ですので、そこも楽しみにしていただきたいです。

■瀧本美織のコメント
実は私、「奪い愛」シリーズにはまっていたんです。なので、鈴木おさむさんの作品に出られることが決まったときは、「うわ〜、ありがとうございます!」と本当にうれしかったです。私は皆さんに比べたら意外と正統派の役で、一見そこまでおかしくならないとはいえ、変なことはいろいろしちゃう役でして…(笑)。

撮影中は今までに言ったことのないようなせりふや、山崎育三郎さんや市原隼人さんのお芝居に刺激を受けると同時に、笑いが止まりませんでした! 本番でも育三郎さんがせりふの語尾を伸ばしている最中についつい吹き出してしまったりと、多大なご迷惑をお掛けしてしまったんですけど、これはもう仕方ないんですよ(笑)。だって、現実ではありえないことが、この作品の中ではありえちゃうんですから。おかしな人ばっかり出てきますし、そのパワーたるや、ものすごいです!

特に印象的だったのは、光男さんと信彦さんの殴り合いのシーンでした。秀実を取り合っているというよりも、お2人が愛し合ってるんじゃないかと思っちゃうくらいの熱量で…(笑)。時折、私のことは忘れられてるんじゃないかなって思うくらいの迫力だったので、ぜひ楽しみにしていただきたいです。

今回は、私自身これまであまり縁のなかった“一見おかしい世界観”の中にどっぷりと漬かれたからこそ、逆にリアルな人間の感情をそのまま出せた気がしますし、少し女優としての殻を破れたかもしれません。その一方で、まだまだやり足りない気持ちや、秀実として気が済まない部分もあって…。ぜひ続編を作っていただきたいです。そのときは私も殴りたいです!(笑)。これを機に何でも挑戦し、お芝居をもっともっと開拓していきたいとさらに刺激を受けた作品になりました。

■市原隼人のコメント
単発ドラマには“挑戦的なイメージ”を持っていましたが、今回は、まさにそのイメージをそのまま絵に書いたような作品です。台本を読みながらも、暴走するジェットコースターのような展開に「シリアスに向き合えば向き合うほど、度を超した刺激の振り幅が増し面白くなる愛の物語」だと感じ、その思いを持って早く現場に入りたい一心でした。

いざ撮影が始まると、開けてはいけないパンドラの箱を何度も開けてしまうシチュエーションに耐えきれず、こんなにも本番中に笑ってしまった現場は初めてです(笑)。基本的にはシリアスな感情を軸に演じました。ただ、「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である」というチャーリー・チャップリンの名言にあるように、今作品は各登場人物が分別を失うほどに感情に左右され、主観に入り欲に溺れる滑稽な姿が、見てはいけない他人の性を手で顔を覆いながらも隙間から見てしまいたくなるように面白いんです。

実を言うと、僕は一時期いろんな作品を断り続けた結果、「あれもやっておけば、もう少し自分の感性の何かが広がったんじゃないか…」と考える時期がありました。今は「さまざまな作品に挑戦し自分を試してみたい」という好奇心に駆られているのですが、今回は「ここまで自分を楽しめるようになったのか!」と驚くほど、出演作の振り幅を感じるすさまじい作品となりました。

温かい共演者とスタッフに恵まれ、お客さまが見たいであろう刺激的な禁断のエンターテインメントを目指しました。「殴り愛」というタイトル通り、画面からしっとり滴がこぼれるような愛情表現、豪快な感情と肉体のぶつかり合いを、ぜひお見逃しなくお楽しみください。