3月4日(木)に第9話が放送となる岡田結実主演ドラマ「江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)。2月某日、およそ3カ月間の撮影を終え、岡田、葉山奨之、吉谷彩子、前田公輝のキャスト4名が一斉にクランクアップを迎えた。

本作は、江戸時代からタイムスリップしてきた“粋な花魁”仙夏(岡田)と、“コミュニケーション下手で恋に奥手な令和男”蔵地俊輔(葉山)を中心に展開される恋の五角関係を描いたラブコメディー。仙夏の思い人にそっくりな会社社長・鳥居直樹を前田が、蔵地の憧れの女性・春日泉美を吉谷が、仙夏を追ってタイムスリップしてきた武士・長兵衛を一ノ瀬颯が演じている。

撮影期間中には、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言が発令。撮影現場でも、リハーサル中のフェイスガード着用などの感染防止策が徹底されるなど、異例の状況下でドラマ制作が進行した。

そんな中、現場では座長・岡田がバラエティ番組のMCさながらに共演キャスト、スタッフを盛り上げ続け、連日和気あいあいとした雰囲気で撮影が進められてきた。

主演を務めた岡田は、クランクアップ後、共演者やスタッフに囲まれ「粋が詰まった現場だな!と思い、毎回現場にくるのが楽しかったです!」と笑顔であいさつ。

最後には「今日で仙夏という役は終わってしまうかもしれないですけれど、これからも岡田結実は粋でいきたいと思います!」と締め、一同からの温かい拍手に包まれた。

■第9話見どころ

仙夏(岡田結実)は蔵地(葉山奨之)との不器用な恋を実らせ、ついに交際をスタートする。

一方で、江戸に戻る方法を探していた長兵衛(一ノ瀬颯)は、タイムスリップをする条件が10日後に揃う事、さらにこのタイミングを逃すと二度と帰れなくなる事を見つけ出す。

そんなことなど知る由もない仙夏と蔵地は、初めてのデートに出かける。ところが、その帰り道、仙夏は高熱を出して倒れてしまう。

翌日、体調は回復するものの、仙夏から「江戸の記憶」が薄れ始めていた。そして江戸に帰るカギを握る大八車を巡り、長兵衛と蔵地が対立。やっと両想いになれた仙夏と蔵地に、時空の壁が立ちはだかる。