元℃-uteのメンバーで、現在は歌手、女優、そして「Ray」(主婦の友社)専属モデルとして活躍する鈴木愛理が、2月28日にオンライン配信で開催された「第32回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 SPRING/SUMMER」(以下:TGC)に出演した。

鈴木は「ワークマン」と「R4G」の洋服を身にまとってランウエーに登場。「ワークマン」ステージ後に、出演した感想や春夏のファッションについて、さらに3月5日から放送のドラマ「140字の恋」(毎週金曜夜1:33-1:48、読売テレビ)についても話を聞いた。

■“トロピカルガール”衣装の値段に仰天

――「ワークマン」ステージ出演の感想を教えてください。

私の前のお三方が格好良い、従来のワークマンさんのイメージで、私からの3人はかわいい、新しい雰囲気で、ということだったので、ちょうど切り替えの場所に立たせていただけるというのは、なかなか経験がなかったのでドキドキしていました。

でも、今までのワークマンさんのステージと印象が変わりましたし、「こんなのもあったんだ」ってランウエーを見て思ってもらえたらうれしいです。

――ワークマンの“トロピカルガール”衣装のポイントを教えていただけますか。

機能性がすごく高いお洋服なのに、「これ(上着)980円ですよ」って言われたときには、顎が外れるかと思いました(笑)。それぐらいお手軽なアイテムがいっぱいあるんです。

格好良い服しか着られないと思った方にも、家にいても外出しても使えるアイテムが多いなというイメージがあったので、ぜひ手に取っていただけたらなって思います。

――今回も無観客でのランウエーとなりました。

結構慣れましたね。普段、歌を歌う仕事もしていて、ライブの方でも無観客で行うことが多くなっているので、あまり違和感がない分、逆に(コロナ禍が収束して)いつも通りに開催できたときに“新しい緊張感”がありそうだなって思います(笑)。

私はハッピーなランウエーに出ることが多いのでルンルンで歩くんですけど、(無観客でのランウエーは)最初はお客さんがあたかもいるように手を振った方がいいのかなと思っていたんです。でも、クールなときなどは自分のファッションの世界に浸れるんじゃないかなっていうメリットもあるかなと思いました。だけど、やっぱり歓声とか欲しいなと思いますね。

――他のモデルさんと無観客について話したりしますか?

初めてのころは「どうする? どうする?」って感じではあったんですけど、もう皆さん慣れているのか、いつものように歩いていらっしゃいますね。

「画面の向こうでは皆さんが見てくれている」という意識が統一されてきていると思うので、「今できることを精いっぱい」という意味では、配信とはいえ、代々木第一体育館に立てるということはすごくありがたいことだとは思うので、かみしめながら歩いていました。

――鈴木さんの今年の春、夏ファッションについて教えてください。

春夏はメークも服も、いつもならパステルが多いイメージですが、今季は基本的にはミントとブラックの洋服を購入することが多かったので、ベージュ、白もいっぱいあるんですが、割りとシンプルなコーディネートになるかなと思っています。そして、メークが結構ブラウン系のアイテムが秋冬みたいに残っている印象があったので、メークでも遊べるようなシーズンになるんじゃないかなと楽しみにしています。

■ドラマ「140字の恋」で崎山つばさと共演

――ドラマ「140字の恋」が始まります。

今回のドラマは15分のショートドラマになっているので、一話ずつ展開が早いんですけど、もともとツイッター小説が一部界隈でめちゃめちゃはやっていて、それを題材にしているんです。ツイッター上に投稿された内容を基に脚本が作られていて、現実の世界と妄想の世界を行き来する内容になっています。一瞬たりとも見逃さない方がいいなっていうくらい面白い展開が最後に待っているので、涙あり、笑いありの全4回、見ていただけたらと思います。

――崎山つばささんとの共演になりますね。

二人芝居なのでコミュニケーションが大事だと思っていたんですけど、撮影期間が短かったので、人見知りとかしている場合じゃないというか、これでもかってくらい今までで一番心の扉を開けました(笑)。

インスタントカメラを渡されて、お互いにオフショットを撮ったり、監督さんを撮ったりするアイテムがあったので、それのおかげで打ち解けるのも早かったかなって思います。

――それでは、最後に読者へメッセージをお願いします。

まだまだコロナ禍での生活は続くと思うんですけど、こういうふうにファッションでランウエーだったり、ドラマだったり、会えない中でも皆さんの息抜き、楽しみになる活動ができたらいいなと思っています。

ライブはファンを入れたライブが増えてきているので、ぜひ直接会えるときは会いに来てもらって、会いに行けるときは会いに行くので、明日からもこの世が明るくなるまで、笑顔で健康に過ごしましょう!