ジャニーズJr.の美 少年・浮所飛貴が主演を務め、白石聖がヒロインを演じる映画「胸が鳴るのは君のせい」(6月4日[金]公開)の本ビジュアルが解禁。光あふれる教室でまぶしい笑顔を浮かべる主人公・有馬隼人(浮所)とヒロインの篠原つかさ(白石)の2人が写る本ビジュアルでは、“仲のいい友達”同士が見せる屈託のない笑顔あふれる日常の瞬間が切り取られている。

肩が触れ合うほど近いのに、有馬にとってつかさは「友達どまり」。自分だけに特別な笑顔を見せてくれるけど一歩先に踏み出せないという本作ならではの、もどかしくも胸が鳴りやまない日常が感じられるビジュアルとなっている。

また、「あたしの全部で、恋をした。」というキャッチコピーも入り、高校最後の一年、すべてをかけて自分の気持ちを届けるつかさのあふれだす思いにも、胸の高まりが抑えられない一枚だ。

同作は紺野りさが描く同名少女コミックが原作。転校生の有馬と、有馬を思い続けるつかさが繰り広げる、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。
恋のライバル役に板垣瑞生、原菜乃華、クラスメイト役に河村花、若林時英、箭内夢菜、入江海斗らが出演する。