役所広司と新垣結衣が“絆”を取り戻す親子役で共演

役所広司と新垣結衣が“絆”を取り戻す親子役で共演

福島県南相馬市を舞台にしたSPドラマ「絆〜走れ奇跡の子馬〜」(2017年3月23日(木)・24日(金)、両日共に夜7.30-8.43、NHK総合で放送)で、親子を演じる役所広司と新垣結衣。

――父・松下雅之(役所)は馬の生産牧場を営み、東京に出た娘・将子(新垣)は東日本大震災後、町へとどまる。

役所広司:南相馬には伝統的な「相馬野馬追」という祭りがあって、人と馬が一緒に暮らしている特別な場所。それがすごく印象的でしたね。

新垣結衣:皆さん、自分の町に誇りを持っていて、伝統を若い人たちが引き継いでいる。町全体が熱い思いを持って生きているなと感じました。

役所:将子は、都会に行っても、この土地に、馬に対する愛情は持っている。雅之は娘が帰ってきて、馬の世話をしていることは、内心うれしいんじゃないかな。

新垣:父と娘って、妙にギクシャクしてしまうときがありますよね。そんな家族の描写がリアルだなと思いながら演じました。

――震災の日、長男・拓馬(岡田将生)が亡くなる悲劇が一家を襲う。父と娘は、その命と引き換えに生まれた子馬に希望を見いだすが…。

役所:拓馬は太陽のような存在だった。岡田くん自身もそうですが、あの明るさが松下家にとっては必要だったんです。

新垣:私は岡田さんとの共演が3度目。実際には彼の方が年下で、「兄と妹として成立するかな」と2人で心配していました。でも、岡田さんの演技は素晴らしく、妹の立場を演じられました。

役所:拓馬を失ったことで、父と娘、そして田中裕子さんが演じる母親の佳世子、この3人がお互いを補い合おうとする。拓馬の残した夢に向かって、一つになっていくんだよね。

新垣:「お兄ちゃんの夢」として子馬を育ててきたけれど、後編では「お父さんと私の夢」と言うようになる。これからも一緒に生きていくという決意を感じられるシーンですよね。

役所:演じる僕たちも「家族会」と称して一度、飲みに行ったね。僕と新垣さんと田中さんの3人で。

新垣:そのとき、田中さんが「私たち、出会えて良かったね」と言ってくださって、すごく救われました。

――震災から6年、家族の再生を描くドラマに託したいことは?

新垣:ロケ先の自然豊かな風景が、震災後の場面で一変してしまい、すごくショックでした。実際にこういう風景を見た人がいるんだなと…。

役所:監督やスタッフ、キャストも、実際に被災した方々がこのドラマを見て、不快にならないように、一つ一つ丁寧に、誠実に作っていきました。

新垣:被災地の人は実情を知ってほしいと思っているので、それを受け取ってもらえたら、うれしいですね。

役所:やはり震災を風化させてはいけない。その意味でも、愛されるドラマになるように願っています。

関連記事

おすすめ情報

Smartザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索