ボイメン、Negicco、LinQら“地方を元気にするアイドル”の秘密に迫る!

ボイメン、Negicco、LinQら“地方を元気にするアイドル”の秘密に迫る!

8月13日(日)朝10時からCSテレ朝チャンネル2にて放送の「津田大介 日本にプラス」マンスリースペシャルは、“地方を元気にするアイドル”をテーマに、アイドルが地方でなぜ熱く支持され、活性化にどう貢献しているのかに迫る。

今回は、ゲストに新潟のNegicco、福岡のLinQ、そしてVTR出演で名古屋のBOYS AND MENを迎え、津田大介キャスターが、経済ジャーナリストの渋谷和宏コメンテーターと共に、地方アイドルの秘密について掘り下げる。

国が掲げる目玉政策「地方創生」は苦戦が続いているが、その一方で各地域に10数年前からさまざまなアイドルが誕生してきた。地方ごとにエリア代表を決め、各地の代表が競い合うイベント「愛踊祭」なども、例年盛り上がりを見せている。

地方アイドルは、人口減少が続く地域の活性化に貢献し、地方を元気にしていると言われるが、番組では東京への一極集中が進む中、アイドルが地方で熱く支持される理由や、どう活性化に貢献しているのか、詳しく紹介する。

また、そんな地方アイドルを代表して、3組からコメントが到着した!

■ BOYS AND MEN(ボイメン)/名古屋

アーティストのライブの「名古屋飛ばし」という言葉もあったように、これまで東海エリアにエンターテインメントがなかったことは、僕ら自身も感じていました。

「じゃあ自分たちで作ってみよう」と活動を始めました。僕らは、地元の方たちに本当に家族のように温かく育ててもらったチームなので、「名古屋のために」「東海エリアのために」という気持ちを常に持って活動しています。

今、自分たちがいろいろなところで活動させていただくことで、名古屋の良さを伝えられるていることは、すごくうれしいです。「東海の芸能、すごいな」と言われたらいいなと思います。

■ LinQ/福岡

原直子:福岡は観光名所としていい所がたくさんあります。さらに、LinQというグループが観光名所の1つになったらいいな、という気持ちはずっと持っています。最近、県外はもちろん、韓国・中国などアジアからのお客様も増えていて、LinQを見て、福岡でおいしいものを食べ、観光もされています。

「笑顔の架け橋」が私たちのテーマなので、そういうつながりを私たちは作れているのかなと感じて、とてもうれしいです。私はLinQを卒業して新たなステージに進む予定ですが、「福岡を盛り上げたい」という基本的な気持ちは変わらず持ち続けます。そしてこれからも、ここ福岡からいろいろなことを発信していきます。

MYU:実は、“報道番組に出演”と聞いた時に、「どうしよう! 真面目にせないかん!」と。最初、笑っちゃいけないと、すっごく緊張していました(笑)。

でも(今日の収録は)すごく楽しかったです。気付いたら笑顔になって私らしくいられました。 私自身は熊本出身なので、熊本愛が一番強いですが、とにかく九州が大好きです。だから、まずは九州で活動をした上で、そこから全国へLinQを広げていくことを目指します。

新木さくら:ファンの方の中には、他県からLinQを知って。そこから福岡の良さを知ってくださって、移住された方もいるんです。それを知ったとき、私たちの活動がが実った1つの結果なのかな?と、すごくうれしかったです。

今は九州でのライブをもっとたくさんしたいと思っているんです。福岡はもちろんですが、佐賀とか長崎とかも行きたいですね。九州には福岡以外にもいいところがたくさんありますから。福岡で活動するグループはたくさんいますが、今回 LinQ を取り上げて下さってうれしかったです。

これからも、「福岡と言えばLinQだよね」と誰もが言ってくれるようなグループになれるよう、頑張ります。

■ Negicco/新潟

Kaede:(収録VTRを見て)社長が今までの画像や映像を残していてくださったことに感動しました。自分自身で振り返ることができて、今までやってきて良かったとあらためて感じることができました。

私たちのファンの方の中には、今までアイドルなんて見たことなかったけれど、Negiccoのライブを見て初めてアイドルに興味を持ちました!という方も多いんです。新潟は温泉王国でもあります。

ぜひ温泉旅行がてらでも、私たちNegiccoの地元新潟でのライブに足を運んでいただけるとうれしいです。私自身も家族とよく温泉に行きます。一番最近のおススメは瀬波温泉です。泉質も良くってお薦めです。ぜひいらしてください。

Nao☆:私たちの今までの活動をまとめてくださったVTRを見て、あらためて地元の皆さんがNegiccoをここまで大きくして下さったという感謝の気持ちでいっぱいです。これからもっと頑張って、全国の皆さんに新潟の良いところを知っていただくことで、恩返しがしていけたらいいなと思っています。

ことしは地元新潟で音楽フェスを開催させていただけることになりました。15年やってきたNegiccoだからこそ来ていただくことができるような、アイドル以外のジャンルの素晴らしいミュージシャンの方たちも参加してくださいます。番組をご覧の皆さん、ぜひ新潟でお待ちしております!

Megu:あらためて今までを振り返ると、大変なことも多かったんですけれど…逆に全てそれが原動力になっていたような気がします。地元の方たちは、どんな時も「Negicco 頑張っているな」「お客さん増えたね」って毎回言って励ましてくれました。

今ステージからたくさんのお客様がいる景色を見て、本当に今までやってきて良かったと心から感じますし、今ままで支えてくれた新潟の為に恩返しをしたいと思っています。歌やパフォーマンスで楽しませることも大切ですが、新潟の良いところももっと紹介していけたら!

今の時期であれば、「寺泊の浜焼き」がおススメです。ぜひおいしい魚介類を食べながら、日本海の夕陽を見に来ていただきたいです。

関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索