「ひよっこ」シシド・カフカ、カチューシャめぐる戦いを告白

「ひよっこ」シシド・カフカ、カチューシャめぐる戦いを告白

さまざまな人間模様が繰り広げられる、連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

中でも、登場以来その“S”っぷりで注目を集めているのが、シシド・カフカ演じる久坂早苗だ。早苗は常に何かにいら立っている雰囲気をまといながらも、不器用なヒロイン・みね子(有村架純)を放ってはおけず、こっそり助けてしまう優しさを見せる。

そんな謎めいた早苗を演じるシシド・カフカに、役作りについてや、早苗の今後の展望などを聞いた。

──オファーを受けた時の感想を教えてください。

「また強い女性の役か!」と思いましたね(笑)。今までも強い女性を演じることは多かったのですが、今回は早苗という人物の背景も詳しく聞いて、これまで演じた役とどう変化を付けるか考えました。

──出演が決まったことを、ご家族などに伝えましたか?

私は(情報が)世の中に出るまで、家族にも話さないので…。どこから漏れるか分からないですから! 発表されてからは、おばからメールが来ましたね。「朝ドラ!?」って、すごく長いメールが届きました(笑)。

──強い女性の役が多いことについては、どう思われていますか?

「ドSキャラ、来た!」と言われているのを見ると、これが私の役回りなのかなと思うので、ありがたいですね(笑)。

──ご自身は“ドS”ですか?

自分に対しては“S”なのかもしれませんね。でも、「自分に対して何かを課す」ということは、“M”とも言えますし…。紙一重ですね(笑)。人に対してはそんなに“S”ではないと思うのですが。ご想像にお任せしたいです!

──早苗をどう捉えていますか?

早苗は単に「強い」のではなくて、「強がっている」のだと思います。そういう不器用な感じを表せたらと思って、せりふの速度や抑揚を調整しています。

早苗が登場するまでの物語を拝見していて、「みね子は何ていい子なんだろう!」とか、「すずふり亭の人たちは、何ていい人たちなんだろう!」と思っていました。早苗はそこに入る、ちょっとしたスパイスなんです。そういう部分を面白がってもらえるように、いい色を出していけたらと思いますね。

──早苗は共感できる役ですか?

感情を素直に出すのが苦手なところは、似ているのかなと思いますね。私も見た目で誤解されやすいので(笑)。

でも、早苗は“姉御肌”ですが、私はそういうタイプではないので…。「どんな時にどう行動したら、“姉御”っぽく見えるか」というのを、早苗から勉強させてもらってる部分もあるんです。

──前髪を上げていることが多い早苗のビジュアルは、シシド・カフカさんのこれまでのイメージとは違うと話題になりました。こだわりはあったのですか?

時代設定もありますし、私が口を出し過ぎてブレてしまってはいけないと思うので、ほとんど意見していないです。ただ、カチューシャへの抵抗はすごくあって(笑)。

これまでもお洋服に合わせて前髪を上げることはあったのですが、どうしてもカチューシャをしている自分が受け入れられなくて、いつも「本当にしなきゃだめですか?」って、監督たちと戦っていますね(笑)。

──撮影現場はどのような雰囲気ですか?

私のターゲットは、漫画家コンビの新田啓輔(岡山天音)と坪内祐二(浅香航大)ですね(笑)。いつもにこにこしていてかわいらしいので、私は彼らを愛でて遊んでいます。

カットが掛かるまで堪えていて、カットが掛かった瞬間に笑っちゃうことも多くて。とても和やかな撮影現場ですね。

──あかね荘についてはどう思いますか?

それぞれ違った仕事を持っている、いろいろな境遇の人たちが集まっているというのは、面白いですよね。ただ、私はあの環境では生活できないです(笑)。あんなに壁が薄かったり、炊事場を共同で使っていたりするのは、ちょっと無理です…。

──早苗の部屋は、どのような様子なのですか?

早苗の部屋には、結婚に関する本が置いてあるんです! だから、早苗は心から嫁に行きたいんだと思います。38回もお見合いに失敗しているのに、そういう本を読んじゃう早苗さん、かわいいですよね(笑)。

──今後、早苗がどういう展開を迎えたらうれしいですか?

脚本の岡田(惠和)さんには、「結婚相手を見つけて、あかね荘を出て行きたい」と伝えています(笑)。

──早苗はどんな男性が好みなのでしょうか?

ありのままの早苗を受け入れてくれる男性か、早苗の全てを変えてくれる男性か…。あの早苗さんが、笑顔で「じゃあね! みんな!」って言って出て行くのも、面白いですよね。どっちが良いか、個人的に決め兼ねています(笑)。

──ところで、ミュージシャンとして活動していたシシド・カフカさんが、俳優業を始めたきっかけは何だったのですか?

それはもう、巻き込まれるように(笑)。「このドラマ、明日(出演承諾の)返事をしてきますから」って、事務所の方から唐突に言われたのが始まりだったので、「え、私、女優やるの?」というスタートだったんですよね…(笑)。

でも、音楽のレコーディングよりもたくさんの人が携わって、皆で作り上げていくドラマ制作の現場も楽しいですね。

──今後、演じてみたい役はありますか?

ここまできたら、“キツい役”でどれだけバリエーションを出せるのか、極めてみるのもいいですね(笑)。

でも、もう少しライトな役をやれば、新しい私を見せられるのかもしれないです。主人公が行きつけにしている、バーの店員役なんて面白そうですよね(笑)。登場人物たちが毎話の最後に必ず行く、ストーリーに全く関係のない“何でもない役”をやってみたいです。

関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索