大泉洋の“初主演小説”が本屋大賞にノミネート! 待たれる映像化

大泉洋の“初主演小説”が本屋大賞にノミネート! 待たれる映像化

俳優の大泉洋に“完全あて書き”した画期的な小説「騙し絵の牙」(KADOKAWA)が2018年本屋大賞にノミネートされた。

「騙し絵の牙」は、社会派作家・塩田武士氏による10作目の小説。塩田氏は昨年、小説「罪の声」で本屋大賞2017第3位に選出されており、今回は2年連続での本屋大賞ノミネートとなった。

この「騙し絵の牙」は構想の段階から、著者である塩田氏と出版社に加え、“主演”となる大泉と所属事務所の4者による綿密な打ち合わせと試行錯誤の末に誕生した、異色の文芸作品だ。執筆にあたり、塩田氏は4年にわたる丁寧な取材と俳優・大泉洋に対する綿密な分析、本人とのディスカッションを重ね、まるで大泉そのもののような主人公・速水輝也を生み出した。

物語の舞台は大手出版社。主人公である雑誌編集長・速水輝也は、ウィットに富み話術に長けた魅力的な男だ。精力的に仕事に打ち込む速水は、ある夜、上司から担当雑誌の廃刊を匂わされ、衝撃を受ける。組織に翻弄されるうちに、速水の心の内から異常なほどの執念が浮かび上がってきて――というストーリー。前作「罪の声」では昭和の未解決事件「グリコ森永事件」を扱った社会派作家の塩田氏ならではのリアリティある筆致で、出版界の光と闇をくっきりと描き出す。

当初から大泉洋の完全あて書きとして構想されただけあって、読み進むにつれ主人公に扮した大泉が脳裏で動き出すという、かつてない感覚を味わうことができる。ラストでは驚愕の大どんでん返しが用意されており、作家の筒井康隆氏も「こういうどんでん返しがあるとは、騙された」と高く評価。著者の元にはすでに映像化の問い合わせも多数寄せられている。

■ 塩田氏「著者は大泉さんでしょ、と勘違いされている方も」

2年連続で本屋大賞ノミネートという知らせに、塩田氏は「本当に光栄で嬉しいです! ありがとうございます!! 『騙し絵の牙』の著者は大泉さんでしょ、と勘違いされている方が続出していると聞きます…もうどちらでも良いので、みなさんぜひ読んでください!」と喜びを爆発させる。

一方、“小説初主演”を果たした大泉は「そもそものきっかけは、『映像化された際に僕が主演できるような小説はない?』と長年尋ねられ続けた編集者がおそらく面倒になって(笑)、『もう私がつくります!』と、 塩田さんへ執筆依頼に伺ったことから始まった企画でした」と裏話を披露。

「『語り口』やモノマネ(笑)など、 塩田さんが私を大研究してくださった上で『あてがき』し生まれた主人公が社会派の重厚な物語のなかで動き回るという、大変『新しい試み』の小説となりましたが、その作品がなんと栄えある本屋大賞ノミネート作に選んでいただけたとのこと、 本当に嬉しいです! 本を開けば演じる大泉洋が頭の中に浮かぶという“主演小説”を『2018年の10作』に選んでいただき、ありがとうございます!」と、よどみなく感謝の言葉を口にする。

本屋大賞は書店員の投票だけで選ばれる賞で、ことしで14回目。全国の504書店員665人の投票で今回ノミネートされたのは、「騙し絵の牙」のほか、「AX アックス」(伊坂幸太郎/KADOKAWA)、「かがみの孤城」(辻村深月/ポプラ社)、「キラキラ共和国」(小川糸/幻冬舎)、「崩れる脳を抱きしめて」(知念実希人/実業之日本社)、「屍人荘の殺人」(今村昌弘/東京創元社)、「たゆたえども沈まず」(原田マハ/幻冬舎)、「盤上の向日葵』(柚月裕子/中央公論新社)、「百貨の魔法」(村山早紀/ポプラ社)、「星の子」(今村夏子/朝日新聞出版)の合計10作品。大賞は4月10日(火)に発表される。(ザテレビジョン)

関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索