マキシマムザ亮君の大暴走にケンコバもタジタジ! “19歳”の妄想トーク全開

マキシマムザ亮君の大暴走にケンコバもタジタジ! “19歳”の妄想トーク全開

ケンドーコバヤシとスピードワゴン・小沢一敬がMCを務める「19の夜−大人でも子供でもない夢前夜−」(テレビ朝日)が12月17日(月)に放送。今回はマキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮君が登場する。

本番組は、“大人でも子供でもない19歳の1年間”に焦点をあてる青春トークバラエティーで、亮君はこれが地上波バラエティーに単独初出演となる。

番組では、亮君の“19の夜”を「マキシマム ザ ホルモン結成」「深夜のアルバイト」「妄想チェリーナイト」という3つのテーマに分けてトークが展開する。

亮君が19歳だったのは1998年。長野五輪フィーバーやサッカーフランスW杯でにぎわい、宇多田ヒカルや椎名林檎、浜崎あゆみ、aikoといった歌姫たちが次々とデビューしていたころに、マキシマム ザ ホルモンは誕生した。

しかし、この時はまだ亮君は同バンドに正式加入していなかったという。そこで当時を誰よりも知る、とあるメンバーが特別出演し、亮君のエピソードを語る。

また、「人とコミュニケーションが取れない」「超絶恥ずかしがり屋さん」だったいう亮君。

当時、同い年で一足先にCDデビューしていた椎名林檎に対し、19歳という青春ならではのエピソードを披露するが、その話にはケンコバが「よくないですよ!」と思わず苦笑いする一幕も。

■ 深夜のアルバイト話も…

ほか、当時亮君が働いていたという「深夜のアルバイト」話も飛び出し、アルバイト中のある行動が今の音楽につながったというエピソードが明かされる。

また、19歳のときのお宝作品も登場。現在、同バンドの全ての作詞・作曲を担当する亮君のクリエーターとしての多岐にわたる才能と原点が明らかになる。

そして、妄想が止まらないお年頃ならではのテーマ「妄想チェリーナイト」では「シーズン3まである」という妄想トークを披露。

街で偶然出会った女性グループと親密になっていき…?という妄想トークは、MCの2人も「バラエティーに出てほしい話しかない」「でも音声と映像をいじらないとアカン」といじるほど、危険(?)と爆笑がいっぱいだ。

また、番組ナレーターは、乃木坂46の鈴木絢音が前週に引き続き担当する。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索