深川麻衣、今後の目標は「(作品の)世界観に違和感なく溶けこんでいる女優さんになること」

深川麻衣、今後の目標は「(作品の)世界観に違和感なく溶けこんでいる女優さんになること」

毎週金曜夜0:52から放送中のドラマ25「日本ボロ宿紀行」(毎週金曜夜0:52-1:23 テレビ東京ほか)。

本作は、父が急死したことにより芸能事務所を引き継ぐことになった主人公・春子(深川麻衣)が、48歳の“一発屋”ポップス歌手・龍二(高橋和也)と一緒に、父の影響で幼い頃から好きな“ボロ宿”に泊まりながら地方営業をする姿を描く。

今回は、本作で連続ドラマ初主演を務める深川麻衣に女優を志したきっかけや、尊敬している人物について話を聞いた。

――深川さんが女優を志したきっかけを教えて下さい。

私が5年間活動していた乃木坂46は映像にこだわっていて、いろいろな監督さんと撮影をしていました。ミュージックビデオの撮影やシングルを出すごとに監督さんに3分くらいの個人プロモーションビデオを撮っていただき、とても楽しかったです。

ずっとグループにいるわけにはいかないので、「これから先、自分は何をしていきたいのか」「どんなことが好きなのか」ということを考えるようになり、お芝居のことをもっと勉強していきたいという気持ちが強くなっていきました。そういうこともあり、卒業をするという決断に至りました。

――実際に女優として活動を始めて、ぶつかった壁はありますか。

ぶつかってばかりです。自分の出演している作品を初めて見るときは、冷静には見られません。自分の粗ばかり探してしまい、「ここをもっとこうしたらよかった」ということばかり考えてしまいます。

撮影中は、不安を持ちながらお芝居していてもそれが出てしまうので考えないようにしていますが、撮影が終わり映画の公開前やドラマの放送前は1番ドキドキするタイミング。怖くもあり、すごく楽しみでもある時間です。

■ 良い環境で演じさせていただけることに感謝

――息抜きはどんなことをやっていらっしゃいますか。

「日本ボロ宿紀行」の撮影のときは、撮影期間もぎゅっと詰まっていたので、お休みはそんなにありませんでした。

撮影する宿は山の中にあることが多かったので、周りの木々などの自然に癒やされていました。宿泊したホテルに温泉がついているところも多く、各地の温泉に入ることができたのは、とても良いリフレッシュになりました。

――今回、高橋和也さんとご共演されて印象に残ったことはありますか。

高橋さんは、大先輩で最初はすごく緊張しましたが、撮影が進行していくと、どんどん関係性も縮まり、ほぐれてきました。

4話の撮影で、至近距離で向き合ってせりふを言うシーンがありますが、2人ともなぜか笑いが止まらなくなったことがありました。笑いをこらえないといけないのに吹き出してしまうというループにハマってしまって…。

でも、その後に高橋さんが「良い空気感じゃなかったら、そういうことって絶対起こりえないよね」とおっしゃっていて、改めて良い環境で演じさせていただけることに感謝しました。

――今回は高橋さんとの共演でしたが、他に深川さんにとって尊敬しておられる方はいらっしゃいますか。

尊敬する方ばかりですが…昨年、舞台で共演させていただいた事務所の先輩でもある知花くららさんをとても尊敬しています。

稽古の休憩時間に知花さんが「お茶しに行こうか」と言って下さって、いろいろお話させていただきました。その時にお仕事で見ている知花さんの姿だけでなく、人としても普段の何気ない過ごし方など魅力的な方だなと改めて感じました。

女優さんとしてだけではなく、普段の人柄や生き方が本当に素敵で、私もこういう女性になりたいと強く思いました。

■ 自分にしかないものを見つけていかないといけない

――同世代の方とのご共演も多いかと思いますが、いかがですか。

私はまだこのお仕事の経験が浅いので、はじめましての連続です。いろんな現場で、みなさんにたくさん教えていただいています。

――演技で影響を受けることもありますか。

「この方のようになりたい!」という憧れはありますが、最近は、自分にしかないものを見つけていかないといけないなと思っています。

――「日本ボロ宿紀行」では5名の監督が演出をしておられます。監督からのお言葉で印象に残ったものはありますか。

藤井道人監督に「素直だね。だからそのままでいってほしい」と言っていただきました。私は自分にないものや、ここが足りないということばかり考えてしまうので、そういう言葉を掛けていただけたことがとてもうれしかったです。

――主演作にかける意気込みを教えて下さい。

このドラマは、いろいろな世代の方々、とくに若い方々にもレトロなものの良さや今まで気付かなかったものをたくさん発見できるようなドラマでもあると思います。

連続ドラマ初主演なので大切な作品ということもありますが、本当に面白い作品なのでたくさんの方々に見ていただきたいです。

――今後の目標はありますか。

“こういう女優さんになりたい”というのは、昔から変わらないものがあります。

それは、その(作品の)世界観に違和感なく溶けこんでいる女優さんになることです。そして、監督さんに「この女優と一緒に仕事がしたいな」と思ってもらえるような魅力的な女優になりたいです。(ザテレビジョン)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索