「Sも嫌いじゃない」森咲智美の“艶技”にカンパニー松尾「イク!」<タチ喰い!対談(3)>

「Sも嫌いじゃない」森咲智美の“艶技”にカンパニー松尾「イク!」<タチ喰い!対談(3)>

AV界のカリスマ・カンパニー松尾監督のテレビ初演出となるドラマ「〜元気の出るごはん〜タチ喰い!」(夜0:12-1:00、テレビ東京ほか)が、3月18日(月)、25日(月)の2週にわたり各2話ずつ全4話で放送される。

松尾監督と第1話のヒロイン・森咲智美へのインタビュー第3回は、森咲に“人妻”初体験の感想を聞かせてもらう他、松尾監督が思わず「いった」撮影の裏話についても語ったもらった。

■ 食事が“フィニッシュ”に

――「グルメ×エロ」というコンセプトは?

松尾:僕の発想ではなかったんですけど、僕は飯を食うのが大好きなんですよ。そこから無理くり考えたのは、テレビだから僕のスタイルのフィニッシュは描けないんですけど、食事をするって恥ずかしい行為…じゃないですかね?

森咲:う〜ん。

松尾:例えば僕の業界で言うと、そっち側のシーンはいいんですけど、「食べているところは撮らないで」って言う子はいるんですよ。裸はいいけど、食べるという行為を見せたくないって思っている子たちなんですね。

食べている行為はちょっと恥ずかしいことって考えた時に、じゃあ今回の企画はそこをフィニッシュにしようと。それで撮りたいなって思ったんです。だから、グルメという部分もそういう形で使えるのかなって思い、うまく利用させてもらいました。(このドラマでは)食べているところが二人のクライマックスですね。

森咲:最初に台本をいただいた時に、エロとグルメを一緒にやるって「どういうこっちゃ?」って不安だったんですけど、やってみると意外と料理を作るシーンがあって、そこにエロを混ぜてやっていたり。

松尾:それは愛撫みたいなものですよね(笑)。

森咲:この食材はどういう栄養があるよとか言いながらも、ちょっとエッチな感じで…すごく勉強になりました。

松尾:彼女は見せた方が上手なんですよね。手をつないでデートするシーンでも、積極的に手をつないでくれるような演出を、自分自身でやってくれて。「この人、今日いいのかな?」みたいなところを、設定の中でやってくれているんです。

最後のシーンでも、僕が台本にない、アドリブでいっちゃったじゃないですか?

森咲:いっちゃいましたね(笑)。

松尾:最終的な食事のシーンのクライマックスを撮っていて、設定上ですけど、ハジメ君という主人公が彼女にお願いをしているわけです。食べて、高まって、高まって、「智美さんのことが大好きだ」と。高まって、高まって、最後に僕が「イク!」って言っちゃっているんです。

森咲:ふふふ(笑)。

松尾:それは台本にもないし、言う予定もなかったんです。ただ食事をして、お酒を飲んでという流れの中で、お芝居をさせてもらった時に、何かあそこで高ぶったんですよね。

森咲:高ぶってましたね。

松尾:ちゃんと彼女がそれを誘っているんです。そういう意味ではいけましたよね。

森咲:元気になっちゃった(笑)。

松尾:発射までは想定していなかったんですけど、彼女のおかげでいけたんですよ。

森咲:よかったです(笑)。

■ “エロすぎる人妻”が“心の童貞”を…

――森咲さんは今回、人妻役ということですが?

森咲:人妻にはなったことがなく、初めての経験で「人妻って何なんだろう?」って思いながらも探り探りやっていたんですけど、ちょっと余裕があるように見せられたらいいなって思っていました。あとは、私が“日本一エロいグラビアアイドル”をやっているので、それを掛け合わせて“エロすぎる人妻”でちょっとハジメ君を…。

松尾:そうですね。ハジメ君は“心の童貞”ってワードを使っていますが、精神的な童貞ですよね。

森咲:そのハジメ君をコロコロとできるように意識しながらやってみました。

松尾:上手ですよね。誘うとか誘惑とか挑発とか。彼女は状況に応じて甘えることもできるし、挑発したりもできる。相手によって出方を変えられる人ですよね。

森咲:今回は松尾さんのおかげで目覚めたんじゃないかなって思います(笑)。初めての人妻役で、そういう部分も引き出してもらえて、自分にこういう一面があったんだなっていうところが見えました。

私、根がMなんですよ。なのに、人妻で余裕がある役をやらなければいけなかったので、ちょっとMっ気が出ちゃったのか、松尾さんのSっ気が時たま見えたりもしちゃって。でも、それも面白かったですね。でも、Sも嫌いじゃないです。新しい自分が見えました。

――今後も演技の仕事はしていきますか?

森咲:今回のドラマが即興劇みたいなところが多くて、すごくやりがいがありました。ヒロインが初めてということで緊張はしていたんですけど、監督やプロデューサーの方にアドバイスをいただきながら、すごく自分にとって勉強になったと思います。

すごく楽しかったし、ドラマもお話があれば挑戦させていただきたいですし、また松尾さんに撮っていただけたらいいなって思っています。

――またニュースになっちゃいますよ。

全員:(笑)。

松尾:今度こそ、みたいな(笑)。

――監督が今後の森咲さんに期待することってありますか?

松尾:V(映像)の才能がすごくありますよね。イメージDVDは何本も出していると思うので、その中でお芝居のコーナーをちゃんと作って、その中で今度こそ自分の本性をね。お芝居という中で、自分の持っていらっしゃるものを見せていただいたらドキドキしちゃうかもしれないですね。

森咲:逆にグラビア(のイメージDVD)を松尾さんに撮っていただきたいです。すごく生々しい感じで撮ってくださるので、ファンの方にも喜んでもらえそう。

松尾:それはありですね。やるんだったら格好良いやつをやりたいですね。彼女の攻撃性みたいなものと、M性があるなら両方が撮れるわけだから。

■ 狙うはレギュラー枠

――では、最後に読者へメッセージをお願いします。

森咲:エロとグルメが融合した作品となっています。深夜にテレビで見ながら、皆さんには元気になっていただけたらうれしいなって思います。

松尾:これは僕の挑戦でもあるし、テレ東さんの挑戦でもあるし、女優さんの挑戦でもあると思うんですよ。そういうみんなの気持ちが入っているものにはなっていると思うので…こんな真面目に話をしてこのドラマ見るかな?(笑) まあ、テレビが壊れるくらい頑張っているので、ぜひ見てください。

プロデューサー:壊れたら困りますよ。今回は挑戦枠でのトライで、レギュラーにするという目標があるので。壊れるならレギュラー放送で。

松尾:そうでした。レギュラーになってもお願いしますね。

森咲:ぜひぜひ(笑)。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索