<パーフェクトワールド>松坂桃李&山本美月の美しすぎるラストシーンに大反響!「泣ける恋だ」

<パーフェクトワールド>松坂桃李&山本美月の美しすぎるラストシーンに大反響!「泣ける恋だ」

松坂桃李が主演を、山本美月がヒロインを務めるドラマ「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第2話が4月23日に放送された。鮎川樹(松坂)と川奈つぐみ(山本)の思いが通じ合う展開に、視聴者から感動の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

■ 「好きなの」つぐみ、切ない思いを告白!

第2話では、つぐみが徐々に樹のかたくなな心を溶かしていく様子が描かれた。一度は「俺はその気持ちには応えられない」「俺といても幸せにはなれないから」とつぐみを突き放した樹だったが、つぐみのまっすぐな思いが樹を変えていった。

一方、樹の母・文乃(麻生祐未)から合併症の恐ろしさを聞いたつぐみも決心。樹に思いを伝える覚悟を決めた。

「好きなの。鮎川君のことが好きだから、病気になったらどうしよう、死んじゃったらどうしようって、不安でたまらないの」——。雨の中、思い余ってそう口にしたつぐみ。「もっと何でも言ってほしい。何でも受け止めるから」。その決心が樹の心を溶かし、ラストシーンで2人は唇を重ねた。

第1話では、もう恋愛はしないと心に決めていた樹がキスを拒み、結ばれることのなかった2人。第2話で訪れたキスシーンにファンからは「今回は寸止めじゃなかった!」「なんて美しいキス」といったキスへの反響や、2人の恋への「これは泣ける恋だ」「大人になってからこんなに泣いたのいつぶりかな」といった感動の声でにぎわった。

一方で、序盤の第2話で早くも2人が結ばれる展開に、不安の声も…。「もうキスしてしまう?」「2話でキスって、これからずっと順調にいく訳ないよね…」など、今後の2人を心配する声も上がっている。

■ 結ばれた2人!気になる第3話あらすじは?

次週の放送は休止。第3話は5月7日に放送する。

晴れて付き合うことになった樹とつぐみは、恋人らしいデートを重ねる。一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴(瀬戸康史)は、初恋を実らせたつぐみを祝福するが、内心では大きなショックを受けていた。

ゴールデンウィーク、つぐみは妹のしおり(岡崎紗絵)と、樹の車で帰省する。とりあえず今回は両親へのあいさつを見送ることにした2人だったが、実家に到着すると、父・元久(松重豊)と鉢合わせ。樹は窓を開けて丁寧にあいさつするが、樹が車いすに乗っていることを知らない元久は、車から降りなかった樹を礼儀知らずだと一刀両断する。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索