R・レッドフォード最後の作品!「さらば愛しきアウトロー」恋人役は自然体が美しいあの女優!

R・レッドフォード最後の作品!「さらば愛しきアウトロー」恋人役は自然体が美しいあの女優!

7月12日(金)より公開される映画「さらば愛しきアウトロー」に出演するシシー・スペイセクの新場面写真&インタビュー映像が解禁になった。

1960年にデビューし「明日に向って撃て!」(1969年)で一躍大ヒットを記録し、「スティング」(1973年)でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど数々の名作に出演した名優・ロバート・レッドフォードの俳優引退作品としても話題の本作。

■ ストーリー

レッドフォードが演じるのは、1980年代アメリカで16回の脱獄と90回以上の銀行強盗を繰り返したという実在した伝説のアウトロー・フォレスト・タッカー。

彼はポケットに入れた拳銃を微笑みながらチラリと見せるだけで、誰ひとり傷つけないという掟を貫く銀行強盗。自分が一番楽しみながら、好きなことにすべてを捧げたタッカーの生き方に自らの映画人生を重ねたことが、レッドフォードが彼を最後の役に選んだ理由だという。

■ タッカーの恋人・ジュエルを演じるのはシシー・スペイセク

今回解禁されたのは、運命的にタッカーと出会い、彼は堅気ではないと感じながらも心を奪われてしまう牧場に暮らす女性・ジュエル(シシー・スペイセク)の自然体の姿が素敵な場面写真の数々。

主人公・タッカーの最後の恋人であり、ロバート・レッドフォード俳優人生において最後の恋人役を演じるシシーは、アカデミー賞に6度ノミネートされ「歌え!ロレッタ 愛のために」(1980年)で受賞したハリウッドの実力派トップ女優。そんな彼女の演技にはレッドフォードも「素晴らしい演技」と絶賛、デヴィッド・ロウリー監督も「ずっと彼女のファンで、一緒に仕事をしてみたかった」と語るほど。

■ 解禁されたシシー・スペイセクの自然体スタイルが素敵

本作ではジュエルの自然体の着こなしも注目のポイントのひとつ。衣装を手がけたアネル・ブロデュールは彼女について、「ジュエルは、面倒な服装はしないわ。軽やかな着こなしが彼女らしいスタイルなの。自分なりの人生の旅を歩む彼女は、服ではなく自らのストーリーに彩りを添えていく」と、飾らず、人生の充実を何より大切にするジュエルのキャラクターを紐解き、リアルなワードローブを用意した。

実は、シシー・スペイセク自身も私生活では牧場で暮らしており、ブロデュールは、「彼女は農場のライフスタイルを知っているから、私にたくさんのアイデアをくれた。素晴らしいコラボレーションだったわ」とシシーの普段の服装から今回の衣装への刺激を受けたと語る。

■ シシー・スペイセクのインタビュー映像も同時解禁

フォレスト・タッカーという実在のアウトローの魅力について、シシーは「魅力的な人よ。それを自覚して利用してた。気づけば虜になってる。私の中の夢見る心はこう思うの、彼が最後と知りつつ強盗をして捕まったのは、ジュエルを断ち切るため。でも思い直す。(強盗を)やりたかっただけよね(笑)」と、少女のようなトキメキを覗かせつつ、茶目っ気たっぷりに笑う。

他にもインタビュー映像ではレッドフォードとの思い出や撮影中のエピソードなどここでも自然体のかわいらしいシシーを見ることができる。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索