井ノ原快彦、“カミセン”との格差にボヤき「あれ?ラジオじゃないの?」

井ノ原快彦、“カミセン”との格差にボヤき「あれ?ラジオじゃないの?」

7月26日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、V6の“トニセン”こと20th Centuryの坂本昌行、長野博、井ノ原快彦が登場。グループ名の由来や“カミセン”との格差について語る場面があった。

バレーボールのイメージキャラクターでデビューし、今年25周年を迎えるV6は、年長組の“トニセン”と3人と、年少組の“カミセン”ことComing Centuryの森田剛、三宅健、岡田准一という3人の計6人組のグループ。

「上と下で分かれて戦うみたいな。VersusとVolleyballのV」とグループ名の由来を説明する井ノ原に、「そうなんだ!」とダウンタウン、坂上忍らは驚いた。

さらに井ノ原が「うちの社長が全部考えて。坂本くんは実家が八百屋さんなのでVegetable」と続けると、坂上が「ホントに?」と首をかしげたが、坂本は「これホントです」。

長野も「ジャニーさん英語ペラペラなんですけど、ぼく自転車屋でBicycleのBなのに『もうVだよ!』と」と証言。井ノ原は「『あとは?』って聞いたら『Veteranだよ』って」ということらしい。

また坂上が「20th Centuryでトニセンってことなの?」と聞くと、井ノ原の「ジャニーさん英語ペラペラなんで『トニー』なんですよ」という説明に、一同は呆気に取られ、松本人志が「めっちゃジャニーさんイジられてる」とツッコんだ。

そして、カミセンとの格差も話題に。カミセンが大きく、トニセンが小さく写っているデビューシングルのジャケット写真に関して「ジャニーさんが『3vs.3のバーサスだよ』って言ったんだけど、もうやる前から決まってんじゃねえか!」と憤る井ノ原。

格差はさらに続く。「スケジュール見たら“ラジオ”って書いてあったんで『俺たちもラジオやるんだ』って思ってたんですよ。当時、車1台で6人で移動してたんで、レッスンかなんかの帰りに『この後ラジオだな』って思ってたんですけど、急に停まって、マネジャーに『じゃあ、トニセン降りようか』って言われて、車行っちゃったんですよ。『あれ?ラジオじゃないの?』って」と、井ノ原は悲しげに思い出を語った。

また坂上が「電車乗ってなかった?」と聞くと、長野が「僕、電車乗ってましたよ、渋谷集合で…」、続けて井ノ原が「(今のヒカリエの前の)パンテオン前だったんだよね。ただ、カミセンはすごい人気があったから、やっぱりちゃんと合宿所前までとか。俺たちは大体パンテオン前」と苦笑しながら語ると、松本は「3人で『涙のパンテオン』って曲出したいよね」とイジっていた。

ネット上では「トニセン面白い!」「トニセンめちゃくちゃおもろいな」「これ6人分見たい」「トニセン可愛すぎるよ」「格差話大好き」など、大きな盛り上がりを見せていた。

次回の「ダウンタウンなう」は、8月2日(金)夜9時55分より放送。ゲストにサッカー日本代表の大迫勇也選手、国際政治学者の三浦瑠麗氏が出演する予定。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索