演劇「ハイキュー!!」新作公演! 日向役・醍醐虎汰朗「イチから始める気持ちで。燃えています!」

演劇「ハイキュー!!」新作公演! 日向役・醍醐虎汰朗「イチから始める気持ちで。燃えています!」

2019年11月1日(金)より東京、大阪、宮城で上演される「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”」の製作発表会が8月19日、東京都内で開催された。

会見には主演の日向翔陽役・醍醐虎汰朗、影山飛雄役・赤名竜之輔、演出・脚本のウォーリー木下が出席。醍醐は「漫画やアニメとは違う、リアルなものを作りたい」と意気込んだ。

■ 新キャストを迎えての“新生烏野”全国へ

「ハイキュー!!」は、高校バレーボールを題材にした古舘春一の人気漫画。2015年11月の初演から始まった演劇シリーズは、今作「―“飛翔”」で第8作目になる。2018年10月上演の「―“最強の場所(チーム)”」で物語の主役校・烏野高校の全キャストが卒業し、本作から新キャストたちによる“新生烏野”が始動する。

醍醐は自身が演じる日向翔陽について、「3次元には存在しないんじゃないのかというくらいポジティブな子だと思います」とそのイメージを語り、「へこまずに、くじけずに、前をずっと向いている子なので、そのポジティブさを大切に。僕としては、漫画やアニメとは違う、リアルなものを作りたい。きっといろんな葛藤があって今の日向がいると思うので、そういった部分を大切にしていきたい」と、役作りへの一端を明かす。

また、赤名は影山飛雄について、「1年生でレギュラー、セッターということから常にプレッシャーと戦っているような人。僕はそんな影山を一人の男として尊敬しています。2.5次元舞台は初めてですが、期待に応え続けている影山のように、一生懸命頑張りたいと思います」と、今作に懸ける思いを語る。

■ 真似ではなく、醍醐虎汰朗としての日向翔陽を

前シリーズの日向役・須賀健太から役を引き継ぐことについて、醍醐は「同じ日向翔陽という役でも、須賀さんが演じたのは須賀さんのフィルターを通した日向。これからやるのは僕のフィルターを通した日向なので、真似ることは全くせずに、イチから始める気持ちで。でも、ライバル心ではないですが、燃える部分はあります」と、役へ挑む気持ちと共に闘志を燃やす。

また会見では、サプライズで原作者・古舘春一から応援コメント入りの原画がプレゼントされる一幕も。醍醐は「こんなぜいたくなことはないですね。気が引き締まります」と喜びを表し、赤名は「古舘さんにも楽しんでもらえる舞台を作りたいです」と力強く答えた。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”」は、11月1日(金)からの東京公演を皮切りに、11月9日(土)から大阪公演、11月22日(金)から宮城公演、12月6日(金)から東京凱旋公演と上演を行っていく。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索