若手芸人が体を張って“机上の空論”検証!かまいたち山内「僕らの番組っぽいなぁ」

若手芸人が体を張って“机上の空論”検証!かまいたち山内「僕らの番組っぽいなぁ」

かまいたちがMCを務める「かまいたちの机上の空論城〜やってみたらこうなる!…ハズ〜」(夜1:00‐1:59、カンテレ)が、9月15日(日)に放送される。

同番組では、実際には試したことがない“机上の空論”が、ただの“空論”なのか、実際には役立つ“実論”なのかを若手芸人たちがカラダを張って徹底検証。MCのかまいたちと共に、河本準一、ゆきぽよがその結果を見守る。

最初の机上の空論は、「輪ゴムでバンジージャンプができる…ハズ!」というもの。日常の生活に無くてはならない輪ゴム。ある専門家の研究によると、輪ゴムを束ねて数を増やせば、飛躍的に荷重に耐えられる力が増強し、バンジージャンプだって飛べてしまうという。

そこで、それは空論なのか、実論なのか、ツートライブとNMB48・堀詩音が実験。3万5千本の輪ゴムをつなぎ合わせ、8.3メートルの高さから輪ゴムでバンジージャンプに挑む。

他にも、「高いところから投げれば誰でも150km/hの速球が投げられる…ハズ!」という机上の空論や、巷にあふれる机上の空論を調査。50mを速く走る方法や、タピオカの無限の可能性、アフロの限界など、体を張って検証していく。さらに、スタジオ出演者の「机上の空論」も実証実験を行う。

■ かまいたち・山内&濱家コメント

収録を終えたかまいたち・山内健司は「このご時世に、こんなバカなことを真剣にやっているっていうのが見ていて楽しかったです。僕らの番組っぽいなぁと思いました。僕らも大阪時代に、いろいろロケに行かせてもらってロケから勉強したことが多かったので。若手たちがバカなロケを全力でするっていうのは見ていて楽しいですし、これからもどんどん机上の空論を実証してほしいです」と語った。

濱家隆一は「本当に手作り感のある番組で、ロケにあまり行ったことのない芸人も見られるので、ありがたいですし注目してほしいです」と見どころをアピール。

また、今回の冠番組についてそれぞれ「やっぱり僕らの番組っていう感じが強いので、めちゃくちゃ意気込みました」(濱家)、「冠のレギュラー番組はないので、そこにつながれば」(山内)と、番組のレギュラー化に期待を寄せた。

さらに、山内は「ハラハラドキドキしながら見たのは、輪ゴムでバンジージャンプです。僕もバンジーをしたことがあるんですけど、普通のしっかりとした設備で飛んでもめっちゃ怖いものを、輪ゴムで飛ぶって相当怖いやろうなって」と手に汗握る実験を振り返った。

最後に濱家は「若手芸人たちにチャンスを与えて、大阪の番組の優しさが詰まっている本当に芸人想いの番組なので、そこを見てほしいです」と呼び掛けた。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索