「太田上田」は“親友”!? 「クソ迷惑」な楽屋動画も配信開始!

「太田上田」は“親友”!? 「クソ迷惑」な楽屋動画も配信開始!

ご存じ太田光(爆笑問題)と上田晋也(くりぃむしちゅー) の二人が、視聴者からの質問や悩みをきっかけに、“好き勝手くっちゃべる”トークバラエティー「太田上田」(中京テレビ)。

10月16日(水)からは、番組収録前の楽屋の様子を定点カメラで捉えた「楽屋の太田上田」が、GYAO!にて配信開始。より素に近い二人のやりとりがのぞき見できる注目のWEB番組だ。

今回は「楽屋の太田上田」スタートを受けて、太田と上田が二人そろって取材会に出席した。

番組収録直後の取材とあって、二人は集まった記者たちを前に、暴走気味のトークを展開。ボケまくる太田に上田がツッコむという、おなじみのやりとりはもちろん、時には太田のボケに上田がノッたり、ボケをかぶせたりするシーンも飛び出し、取材記者陣は爆笑しきり。そんなにぎやかな空気に包まれつつ、番組のエピソードを語ってもらうとともに、「GAHAHAキング 爆笑王決定戦」(1993〜1994年、テレビ朝日系)での共演以来、およそ25年の付き合いという二人の関係にも迫った。

■ 「ただただ楽しんで、家に帰る。デイサービス的な感じですよ」(太田)

――「太田上田」はこの秋、放送5年目に突入しました。これまでの4年間で変化したことはありますか?

太田光:えーっと、俺たちはブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオ的な感じで答えたらいいんですか?

上田晋也:いやいや、全然求められてないから、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」みたいなことは(笑)。

――われわれ視聴者からすると、何も変わらず、二人がひたすら楽しくおしゃべりしているように見えるのですが…。

上田:えっ、ただの垂れ流しって言いたいんですか?

太田:けんか売ってるのか?(笑)

上田:まぁ確かに、何の成長もない二人ですけどね。

太田:成長は止まってますね。

上田:身長より精神の成長が先に止まってるから(笑)。

太田:だからもうね、デイサービス的な感じですよ。

上田:介護ですか?

太田:そう。俺たちは毎回ここに来て、ただただ楽しんで、家に帰ると。

上田:まぁまぁ、憩いの場的な感じはあるよね。

■ 「YouTuber芸人のOOKINとウエザックです(笑)」(上田)

――「デイサービス的」とのことですが、この番組はどういったあたりが心地よいのでしょうか?

上田晋也:やっぱり、無責任に何でもしゃべれるところですかね。

太田光:この番組の最初の狙いってそこだからね。

上田:「この間、こんなことがあってさぁ」とか「学生時代にさぁ」とか、取り立てて笑えるような話じゃなくても、何でも話せるっていうね。

太田:ダラダラと。

上田:そうそう。そんなトークを許してくれる番組っていうのも、なかなかなくなりましたから。そういう意味では確かに、ありがたい。全くノープランで話し始めていいっていうのはね。

太田:僕たち、元祖YouTubeですから。

上田:(笑)。そうね、だから今日は“YouTuber芸人の太田上田”として記事を書いていただければありがたいなと。俺はウエザックみたいな。そっちは…OOKINとかにしとく?

太田:くだらないよ(笑)。

上田:「OOKINとウエザックです」って書いといてください(笑)。

――日頃YouTubeを見ているような、若い人たちにも見てもらいたいという思いもあるのでしょうか。

上田:そうですね、もともと僕らは、若い子たちをターゲットにしているので。

太田:ガハハハ!

上田:デビューした頃から、若い子向けのギャグを言ったり、そういうポップな芸風でやってきましたから。

太田:元祖・小島よしおです。

上田:子どもたちに向けてもね(笑)。

太田:で、こいつは元祖・さかなクンです。

上田:(笑)。まぁね、本当に、若い世代にも見ていただきたいなと。

太田:大学の学園祭とかにも呼んでほしいよね。

上田:いいねぇ。二人で行きたいね。

太田:模擬店とか出したりして。

上田:焼きそば焼いたりとかね。

太田:それで食中毒起こしちゃったりしてね。

上田:それは起こしちゃいかんだろ。

――(笑)。この番組に呼んでみたいゲストはいますか? 例えば、若手の芸人さんとか。

太田:たまに来るんですけどね。この前は、オードリーの若林(正恭)が来たり。

上田:記者さん的には、オードリーは若手に入らないんじゃない?(笑)

太田:じゃあ、EXIT呼ぼう。あと、霜降り明星も。

上田:若い女の子もいいよね。女優さんやアイドルとか。

太田:千葉すずみたいな?

上田:…はぁ?

太田:朝ドラに出てた…。

上田:広瀬すずね(笑)。千葉すずさんはスイマーだから(笑)。でも広瀬すずちゃん、いいね。

太田:結構この番組を見てくれてるっていううわさも聞くし。

上田:すずちゃんが? そういう売名のためのウソはよくないよ。

太田:いや、人づてに聞いたんだよ、俺。

上田:だからウソはよしなさいって。うちの番組見たことあるとしても、単なる出合い頭みたいなもんでしょ(笑)。

■ 「上田のツッコミは本当にうまい。田中は全く、反応もないんで」(太田)

――他に、番組の反響を耳にしたことはありますか。

上田晋也:確かに、街中でも「『太田上田』見てます」って言ってくれる人はいるんです。いるんですけど、むしろ俺たちより、うちらの後輩の浜ロンとウエストランドの井口(浩之)の方がよく声を掛けられるんですよね。あいつらが、この番組のアシスタントを探そうっていうロケで地方へ行くと、「『太田上田』ですか?」って聞かれるらしくて。おかしな話じゃないですか。おまえら、太田上田じゃなくて、浜口井口だろって(笑)。でもまぁ、彼らが言われるっていうことは、俺らのことも見てくれてはいるのかなと。

――また10月16日(水)からは、GYAO!オリジナル番組「楽屋の太田上田」の配信が始まります。お二人の楽屋での様子がネットで配信されるわけですが…。

上田:ぶっちゃけ、クソ迷惑です!

太田光:ガハハハ!

上田:番組の本編でも、よそでは言わないような、ちょっと毒っぽいことも言ったりしてますけど、楽屋ではそれ以上のことを言ってますからね(笑)。今日初めて楽屋でカメラが回ってたんですけど、正直がんじがらめでしたよ。

太田:いや、今日はいいことしか言ってないですよ。「この間、花が咲いたね」みたいな。

上田:ブハハハ! そうだね、「花は愛おしいね」みたいなね。…そんな楽屋トーク誰が見たいんだ!?

――(笑)。でしたら、普段はどんな会話を?

太田:他人のうわさ話とか。この人も忙しいからね、溜まっちゃうんでしょうね。

上田:えっ、俺が一方的に言ってることになってる?(笑)

――太田さんは、普段モデルガンを持ち歩き、楽屋などで誰それ構わず撃ちまくることで有名ですが、「太田上田」でも…?

太田:はい、今日も撃ちました。

上田:撃たれましたね。今日は楽屋に入ったら、ピーちゃん(※太田の愛称)が拳銃から離れた所にいたので、逆に僕が撃ってやろうと思ったんですけど、安全装置が掛かってて撃てなかったっていう(笑)。

――楽屋には、浜ロンさんと井口さんもいらっしゃるんですか?

上田:あいつらはね、いやらしいんですよ。普段は楽屋になんかいないくせに、カメラが回ってると、なぜかちゃっかりいるんです。

(※そこへ、浜ロン、ウエストランド・井口浩之が登場)

井口浩之:いや、映れたら、ギャラ振り込まれるのかなと思って。

浜ロン:GYAO!さん分のギャラがどのくらいか分からないので、一回だけ確認で映り込んでみました。

太田:何だよ、「一回確認」って(笑)。だいたい今だって、わざわざ出てこなくていいんだよ。

浜ロン:だって、この取材もまた別ギャラですよね?

上田:振り込むかぁ!

――(笑)。ところで、太田さんには田中裕二さん、上田さんには有田哲平さんと、お二人にはそれぞれ本来の相方がいらっしゃいますが、掛け合いに違いはありますか?

太田:うちは、そもそも掛け合わないですからね。

上田:爆笑問題って、掛け合わないコンビなんだ(笑)。

太田:上田のツッコミは本当にうまいですよ。田中は全く、反応もないんで。

上田:反応はあるわ! それじゃ屍だよ、もはや(笑)。

太田:「ボキャブラ天国」(シリーズ / 1992〜2008年、フジテレビ系)に出てるとき、楽屋が大部屋だったんですけど、僕は上田とばっかり話してたんですよ。田中が反応しないから(笑)。

上田:確かに俺とはよく話してたけどさ、田中さんだって、楽屋でまでいちいちツッコんでらんないんだよ。あなたが避けてたんじゃなくて、田中さんが避けてたの(笑)。

太田:田中は、僕のボケに気が付かないんですよね。

上田:そんなことないでしょ。誰よりもあんたのボケを拾ってくれてるよ。はたから見てて「そこまで拾う?」っていうボケまで。廃品回収の業者より拾ってるよ。

太田:(笑)。上田の場合は、拾うというよりも、拾った上で自分がウケたいんですよね。

上田:それはない! (取材陣に)こらこら、書くな書くな(笑)。僕はね、ボケの人を活かせれば本望ですから。

■ 「この人は、僕が相手してあげないと…それこそ介護みたいな気分です」(上田)

――では、お互いの弱点を挙げるとすると?

上田晋也:この人の弱点は、奥さんでしょうね、やっぱり(笑)。

太田光:それは…そうですね。

上田:認めちゃったよ(笑)。

太田:上田くんは、弱点が見当たらないですね。無敵だと思います。ただ、彼はたまにバイアグラを…。

上田:(再び取材陣に)書くな書くな!(笑)

――お二人は、どうしてここまで馬が合うのでしょうか。

太田:考え方が全く一緒ですからね。

上田:一緒なわけあるか! なんだったら真逆だわ(笑)。

太田:彼は頭がいいんで…。

上田:そんなことない。あなたの方がはるかにいいでしょ。

太田:こっちの言いたいことを補足してくれるんですよ。僕は口下手ですから。

上田:(笑)。口下手なら、芸人やめてしまえ!

太田:そういう洞察力はすごいですよね。常にアンテナを張って世間を見ている、というのはね。

上田:今日はどうした?(笑)

太田:でも、この前聞いた話では、「しゃべくり007」(日本テレビ系)って、ゲストが本番まで伏せられてるらしいんですけど、上田くんはたいていの場合、ゲストが出てきても名前が分からないらしいんですよ。スタッフのカンペを見て、初めて名前を知るらしくって。

上田:そんなことはない(笑)。そんなことはないけれども、数カ月前、誰とは言えないけど、あるゲストの方が出てきて、「誰だ、この人は?」って焦った、ということはある。

太田:あるんじゃねえか(笑)。

上田:普通は、ゲストが出てくるやいなや、「俳優の○○さんです」「女優の○○さんです」ってカンペが出るんだけど、そのときはスタッフがなんかモタモタしてて…。

太田:(拍手しながら)ワハハハ!

上田:いつもは、ゲストが階段を降りてくる途中で、カンペを見ながら「○○さんでーす」って言えるんだけど、「えー、今日はね、お忙しい中、わざわざお越しいただきまして…」。

太田:名前を早く言え(笑)。

上田:で、ようやくカンペが出て、「…というわけで、今夜のゲストは○○さんでーす!」って。で、いったん休憩でカメラが止まった瞬間、そのスタッフに「おせぇよ、バカ!」って(笑)。僕、めったにそんな態度は取らないんですけど、本気で怒鳴りましたね。それ以来、そのスタッフは僕に話し掛けてこなくなりました。

(※一同爆笑)

――上田さんは、太田さんと気が合うところは?

上田:僕が相手してあげないと、この人の相手をする人がパペットマペット1人だけになっちゃうんで…あっ、3人か、パペットマペットと、うしくんとカエルくんで。

太田:面倒くせぇな(笑)。

上田:まぁ、それこそ介護みたいな気分ですよ(笑)。

太田:だから二人の関係を分かりやすく言うと、親友ですね。恋人、と言ってもいいかもしれない。

上田:それは絶対違います(笑)。親友ではないですけど、今日このあと、楽屋で肛門は見せてくれるらしいです。

太田:(笑)。「ともだちんこ!」みたいなもんだよ。

上田:どうしても見てくれっていうんで、しょうがない。見ますけども(笑)。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る